Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

うちの子が結婚しないので 垣谷美雨 新潮文庫

最近は子どもに変わって親が子どもの代わりに婚活をする「親婚活」なるものがあるらしい。

私は結婚しているけれど、結婚したのが遅かったし、そもそも結婚する気もなかったので「早く結婚しなさい」的な言葉には敏感だ。結婚するまでそれこれ耳タコ状態で聞かされてきた。

私もテレビで「親婚活」の特集を見たことがある。実のところ「特別な人がするんだろうな」と思っていたけど、小説のテーマに取り上げられる程度には一般化している…ってことに、まず驚いた。

スポンサーリンク

うちの子が結婚しないので

ザックリとこんな内容
  • テーマは『親婚活』
  • 主人公の千賀子は50代の働く主婦。夫と28歳になる娘の友美との3人暮らし。
  • 老後の準備を考え始めた千賀子は独身、彼氏無しの娘の将来が心配になる。
  • 千賀子は親同士が子供の代わりに見合いをする「親婚活」を知り参加することに。
  • 親婚活の中で嫁を家政婦扱いする年配の親、家の格の差で見下すセレブ親など、様々な親、様々な独身男性を知ることになる。
  • 果たして千賀子の親婚活の行方は…

感想

今回も安定の垣谷美雨。サクサク読みやすいので3時間もあればイッキ読み出来ると思う。

題名を見て「親婚活のドタバタ劇かな?」と予想していたけれど、親婚活のドタバタ…と言うよりも、むしろ「現代の結婚事情」を描いた作品だと思う。

作品の中で描かれている婚活は風景は「親婚活だから」と言うよりも、むしろ婚活の一般論って感じだった。

  • 自分の息子の年齢を考えずに若い女性との結婚を望む親
  • 学歴重視・ルックス重視で婚活に挑む親
  • 家政婦をゲットするような気持ちで婚活に挑む親
  • 娘の結婚相手をATMとしか見ていない親

これって全部「親」を抜いても成り立つものばかりだ。親の心情を描いた「親婚活」独特の世界が読めるものだと思っていたけれど、一般的な婚活コメディだと思った。

作品に登場する「結婚論」とか「理想とする結婚の姿」は、結婚あるあるって感じ。

自分の周囲を見渡してみても「そういう人いるよね~」って感じで、誰でも知り合いに1人や2人はいそうな人達。「世の中の流行りを描く」と言う意味ではよく出来た作品だと思う。

ただ、ちょっと話が上手く進み過ぎで、ラストも「そんな上手いこといくかな?」って展開。ノリよく読ませてれる…と言う意味では最高だけど、正直物足りなかった。

私は婚活を語れるほど経験豊富な人間じゃないけど、結婚も就職も「運と縁」が全てだと思っている。運や縁を掴むための努力を怠ってはいけないけれど、上手いことやって人達が優れている…って訳じゃない。

私は結婚して幸せだと胸を張って言えるけど、美人でもなければ、男を見る目があった訳でもない。単に運が良かったんだと思う。そもそも夫と結婚したキッカケは2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)だし。

軽く読むエンタメ小説としては良い作品だと思うけど、個人的にはガッカリだった。

ただ、なんとなくNHKあたりでドラマ化されそうな作品だなぁ~とは思った。

垣谷美雨の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました