Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

はじめてのおつかい 筒井頼子 福音館書店

今日、仕事帰りに地元のスーパーで「はじめてのおつかい」体験中であろう子供と遭遇した。

「はじめてのおつかい」ってのは、どうしてあんなに大人心をくすぐるのだろう?

ちなみに私はテレビ番組の「はじめてのおつかい」も大好きだったりして、あれを観ると必ずウルウルしてしまうのだ。

年を取ると涙もろくなると言うけれども、最近まで「そんなことある訳ないだろう」と思っていたのが嘘みたいに、うっかり目頭を熱くしてしまうのだ。

スポンサーリンク

はじめてのおつかい

みいちゃんはママに頼まれて牛乳を買いに出かけます。

自転車にベルを鳴らされてどきんとしたり、坂道で転んでしまったり、ひとりで歩く道は緊張の連続です。坂をあがると、お店につきました。

お店にはだれもいません。みいちゃんは深呼吸をして、「ぎゅうにゅうください」と言いました。でも、小さな声しかでません。お店の人は、小さいみいちゃんには気がつかないみたい……。

小さな女の子の心の動きを鮮やかに描いた絵本です。

アマゾンより引用

感想

私の「はじめてのおつかいマニア」の原点は、この作品だ。

もっとも読んだ当時は幼稚園児だったから、現役で主人公の気持ちとシンクロして読んでいた。

今ではすっかり「がんばれ。元気だして、おうちへ帰るんだよ」などと応援する立場になっているのだけれど。

物語も良いのだが、それに劣らず挿絵が素晴らしい。

主人公の女の子の視点から見た「ちょっぴりでっかい世界」が上手く描けているし、生活感ただよう町の風景が素晴らしく素敵なのだ。

町内会の掲示板に「探し猫」だの「ゴミの収集日」だののお知らせが貼ってあったり、インコを逃がしてしまって、窓から外を覗いている男がいるかと思えば、その辺のスズメと一緒に「野良インコ」になったインコが電線にとまっていたりと、非常に芸が細かいのだ。

この画家さんの作品だったら、家に1枚、飾っておきたいよなぁ……と思うくらいに楽しい絵なのだ。

おつかいに限らず、どんなことでも「はじめて」ってのはドキドキするものだが、大人になると「はじめて」の遭遇率が格段に減ってしまうので、その分だけ「はじめて」にドキドキしてしまうのかも知れない。

不安と好奇心とが入り混じった、足の裏がザワザワするような、不思議な感覚は「はじめて」ならでわのものだと思う。

今日、遭遇した「はじめてのおつかい」を体験中の子供は、上手くおつかいが出来たのだろうか?

使命に燃えた目をしていたなぁ……あの子。

彼女のおかげで、また、この本を読むことになった訳だが、あらためて読んでみても面白いと感じた思った1冊である。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました