Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

もりのおかしやさん 舟崎靖子 偕成社

お誕生日に「あなたのかたちのケーキ」を作ってくれるイタチおかしやさんと、その仲間達の物語である。

とても気に入っている絵本なのだが、なにが気に入っているかというと、いたちの作ったケーキの美味しそうなところが、素晴らしく良いのだ。

スポンサーリンク

もりのおかしやさん

ザックリとこんな内容
  • 色鉛筆独特の可愛らしいタッチで描かれた挿絵が魅力的な絵本
  • 「あなたのかたちのケーキ」を作ってくれるおかしやさんの物語

感想

ハリネズミのケーキは針が1本1本チョコレートで出来きていたり、ウサギのケーキはマシュマロで包まれていたり、トカゲのケーキは、七色の飴がコーティングされていたり。

それぞれ「あなたの形」でありながら、思わず食べたくなるような、それはそれは美味しそうんケーキなのだ。

主人公のイタチは、職人気質のケーキ職人で毎日、お客様のケーキを焼きつづけているのだけれども常連さん達が、イタチの誕生日にイタチのかたちのケーキを注文するという童話や児童文学にありがちな「秘密の贈り物」ネタ。

「友情って素晴らしい」とか「秘密の贈り物のドキドキ感」はあまり感じられなくて、ただ、ひたすらに「ケーキが美味しそう」に思える作品なのだ。

どんなことでも、自分自身が体験するのが1番リアルに感じられるし、なんだかんだ言っても、作り物の世界は、現実世界にかなわないと思うのだが虚構の世界は、時に現実よりも現実らしく現実よりも、より素晴らしく感じられることがある。

たぶん、この作品は、そんな中の1冊なのだと思う。

私事だが、どうしたものか「ケーキが食べたい熱」が高まっていてケーキが食べたい…ケーキが食べたい……と思っていたらば、この作品のことを思い出して、ふいに感想を書いてみようと思い立ったのだ。

著作権の関係上、ここで「美味しそうなケーキの絵」をお目にかけられないのが残念でたまらないくらいに、『もりのおかしやさん』に登場するケーキはは美味しそうなのだ。

甘いものの好きな方には、ぜひぜひ手に取っていただきたい1冊である。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました