Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

からすのパンやさん かこさとし 偕成社

我が家は基本的に「米飯人」なので、台所にパンがストックされていることが少ないのだが、今日はなぜかロールパン置いてあった。

しかもスーパーで売っている袋入りのパンではなくて、ちゃんとしたパン屋さんで買ってきたであろうロールパンである。

そして私はパンをみると『アンパンマン』と、この作品を連想してしまう。これは幼少時における刷り込みが原因だと思われる。

美味しいパンの思い出よりも、楽しい「パンが主人公の本」の思い出の方が勝っていた……ということだ。

スポンサーリンク

からすのパンやさん

   カラスの町「いずみがもり」にある、1軒の売れないパン屋さん。

お父さんお母さん、4羽の子ガラス、家族みんなで、楽しい形のパンをどっさり焼いた。

パンを買いにやってきたカラスの子ども、おじいさん、おばあさん、そしてなぜか消防自動車、救急車、テレビのカメラマンまでやってきて森は大騒ぎに…。

アマゾンより引用

感想

本の内容は、題名そのままで「からすのパンやさん」の繁盛記である。

パン屋さんは、カラスの夫婦が経営しているのだが、夫婦に4つ子の赤ちゃんが生まれるところから、お話ははじまる。

4つ子達は、なぜだか身体の色が「カラス色」ではないのだが、夫婦は子供達を大切に養育するのだ。なんか「ちょっと、いい話」ではないか。

絵本の中といえど、子供は愛されて大きくなる方が良いに決まっているし。

夫婦のパン屋さんは、子育てが忙しすぎて商売が上手くいかなくなっていく。

で、その打開策として「色々な形の面白いパン」を売り出して危機を乗り切る話なのだが「色々な形のパン」というのが、面白くて心をそそるのだ。

子供の頃、百貨店の地下食料品売り場にあるようなパン屋さんで「動物の形をしたパン」を見ると、必ずと言っていいほど「買って」とねだってみたものだが、あのトキメキを彷彿とさせるようなパンなのだ。

動物の形をしたパン。日用品の形をしたパン……そのパンが美味しいとか、美味しくないとか、そういう次元を超えたところで「食べたい」と思ってしまうようなパンなのだ。

ちなみに、子供の頃にねだって買ってもらった「動物の形をしたパン」は、美味しいものではなかったように思う。

あれは食べるものというよりも「楽しむもの」の要素が強いパンだったのだろうなぁ。

それにしても、子供の頃って「○○の形をした□□」っていうのがどうして、あんなにも好きなんだろうなぁ。

タコさんウィンなーとか、ウサギリンゴとか。私など、いまだに「動物の形をしたパン」ほ欲しいと思うことがある。そんなに美味しくないのは分かっているにも係わらず。

かこさとしの作品は「これ欲しい」とか「これって好きなんだよね」とかいうものが、たくさん出てくる。

かこさとしは楽しいことを探すのが、よほど好きな人なんだろうなぁ。そして、子供が好きなんだろうなぁ。そうでなければ、こんな作品は書けないだろうと思う。

明日の朝はパンを食べる。面白いパンではなくて、なんの変哲もないロールパン。だけど、この作品を読み返したおかげで、いつもより、美味しく感じるんじゃないかと思う。

それくらい「パンが食べたい。パンって、いいなぁ」と思える1冊なのだ。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました