Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"谷村志穂"

大沼ワルツ 谷村志穂 小学館

北海道の大沼と言う場所が舞台の物語。 私は谷村志穂の作品はそこそこ読んでいるのだけれど、北海道出身の人だとは知らなかった。 後で知ったのだけど、この作品は実話をベースに作られたとのこと。 正直言って相当突拍子のない展開なの...

フラワーズ 谷村志穂 角川春樹事務所

あまり期待していなかったのだけど、予想外に面白くて吃驚してしまった。 久しぶりにに「いっき読み」をしてしまったほど、物語に熱中させられた。 お話自体は「そりゃぁ、ちょっとやり過ぎでは?」としか言いようのない設定だったし、百点満点...

海猫 谷村志穂 新潮文庫

『海猫』は手放しでは絶賛出来ないのだが、かなり面白く読ませてもらった。 読み手をグイグイ引っ張る力のある作品だと思う。 上下巻なのだが、いっき読みしてしまうくらいには面白く、そこそこ読み応えがある。 世代を超えた物語という...

助教授ルリコの恋 谷村志穂 集英社

それほどの力作だとは思えないし、上手いってほどでもないのだけれど、なぜかドップリとハマってしまった。 35歳の助教授ルリコと、36歳で妻子持ちのロッカーの愛人と、ルリコの飼い猫ニャンタロウの物語。この2人と1匹が、なかなか良い味を出し...

シュークリアの海 谷村志穂 集英社

谷村志穂の書く女性は不安定な人ばかりなのだろうか? それとも、たまたま手にした2冊が、揃ってそんなタイプだったのだろうか? 『シュークリアの海』の主人公はなにやら危なっかしく不安定な女性で、もしも自分の身近にそんなタイプがいたら...

妖精愛 谷村志穂 河出書房新社

谷村志穂は「なんとなく胡散臭くて好きになれないかも」という、読まず嫌いとしか言いようのない理由から、今まで手に取ったことのない作家さんだった。 だいたいからして私は「女性の気持ちを克明に描写している」という作家さんの作品に肩入れできた...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...
タイトルとURLをコピーしました