Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"団鬼六"

怪老の鱗 奇人・変人交遊録 団鬼六 光文社

官能小説の大家が書いた「変態さんいらっしゃい」なエッセイ集だった。 団鬼六の作品は何冊か読んだけれど、このエッセイ集を読んで団鬼六のイメージが少し変わった。 私の中で団鬼六は「SM大王」とか「エロ怪人」なイメージがあったのだが、...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

おしゃれと無縁に生きる 村上龍 幻冬舎

村上龍と言うと、かつては村上春樹と並んで「W村上」なんて呼ばれている大御所だけど、恥ずかしながら、作品は数冊しか読んだ事がない。 このサイトには感想を書いていないけれど『トパーズ』だったか『限りなく透明に近いブルー』だったか、どの作品...

シャトウ・ルージュ 渡辺淳一 文春文庫

私は今まで渡辺淳一のことを、ずっと「スケベ作家」だと思っていた。 渡辺淳一と言うと『失楽園』が有名だけど『失楽園』以外も不倫とか、セックスとか、そういうことばかり書いている人(初期の医療物は除く)だと思い込んでいた。しかし。どんな道で...

蜉蝣 若合春侑 角川書店

SM小説だった。この作品を一般書の間に並べるのは、いかがなものだろうか……と思った。 図書館で普通に並べちゃっていいのだろうか? 批判しているのではなくて「秘め事」も何もあったものじゃない……と嘆いているだけである。 斉藤...

「奇譚クラブ」の人々 北原童夢 河出文庫

日本初の総合変態雑誌「奇譚クラブ」について検証した本である。 そのテの物が苦手な人が読めば、気分の悪くなるような写真やイラストが満載で、一見すると、かなりエロティックな風に見えるのだが、内容自体は「硬派」なことこの上ない。 それ...

赦す人 大崎善生 新潮社

前回『ユーラシアの双子』を読んだ時「読むに耐えない。作者の作品から卒業するかも知れない」なんて事を思っていたのに、きちゃったよ…やっぱりやっぱりいいよ。 だから大崎善生は止められない。 私は小説に関して諦めが悪いと言うか、ストー...
タイトルとURLをコピーしました