Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"つかこうへい"

つかこうへい正伝 長谷川康夫 新潮社

恥ずかしながら私がこの本を読んで1番驚いたことは「つかこうへいって、死んじゃってたの?」って事。きっとニュースなんかで見聞きしていたと思うけれど、右から左へ流してしまったのだと思う。これは私だけかも知れないけれど、強烈な作品を残した作家さん...

薔薇ホテル つかこうへい 角川書店

けっこう好きな作家さんなのだが、作品を読むのは1年以上ぶりかも知れない。そう言えば、最近は舞台以外の作品の噂を聞かないけれど作家活動はされているのだろうか? たま~に読みたくなるのだなぁ。彼の作品は。 相変わらず、滅茶苦茶な物語だった...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

百年泥 石井遊佳 新潮社

第158回芥川賞受賞作。『おらおらでひとりいぐも』と同時受賞。芥川賞が同時に2作出ることもあると言えばあるけれど「2つとも芥川賞を出さずはいられなかった」と言うことなのだから、面白いに違いない…と手に取った。作者は東大出身で現在はインド在住...
本の話

2016年の読書総括。

随分と気が早いけれど今年1年間を振り返ってみての読書総括など。今年は現在までに読んだ本(感想は追いついていません)は72冊。昨年は71冊読んでいるので、ペースとしては昨年と同じ。 今年読んだ本の題名は下記の通り。 『ドール』『菩...

酔狂市街戦 戌井昭人 扶桑社

作者の本を読むのはこれで4冊目。なんだかんだ言って応援している。「もう手放せません。最高です!」と言うほど好きな作品はないんだけど「なんかちょっと好き」って感じ。物語云々より肌に合うと言うか、肩肘張らない感じが良いと言うか。今回も楽しませて...

乱暴と待機 本谷有希子 メディアファクトリー

芥川賞受賞記念って事でもう1冊読んでみた。お兄ちゃんから復讐される事を待っている引きこもりの妹と、その妹に復讐する事を考えている、お兄ちゃんの物語。ちなみにお兄ちゃんと妹は血の繋がった兄妹ではなく、家族ぐるみのお付き合いがあったご近所さん。...

池袋シネマ青春譜 森達也 柏書房

読者を選ぶ本だと思う。小説なのだが、ぜんぜん万人向けではない。映画だの、芝居だのに興味のない人には読んでられないんじゃないかと思う。もっとも自分の知らない世界がテーマになっている物の方が、かえって新鮮で面白いこともある訳だが、ストーリーを追...

老人賭博 松尾スズキ 文藝春秋

演劇関係者特有の「悪い部分」がふんだんに盛り込まれた作品だなぁ……と言う印象の作品。前回読んだ『クワイエットルームにようこそ』は悪趣味ながらも面白いと思ったものだけど、この作品は駄目だった。 面白くない訳ではない。「話術」と言う意味で...