読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

台風21号と台風対策。

この秋は台風が多過ぎるように思う。

台風が来るのは今にはじまった事ではないけれど、こうも次々にやって来られるとウンザリしてしまう。大阪はいまだ台風21号の傷痕が生々しい状態。

私の住んでいる地域でもブルーシートで養生している家が沢山あるのだけれど、大工さんも屋根屋さんの手一杯で順番が回ってこないらしい。

夫の実家も軒先の化粧板が外れたままになっていて、義母が「早く直して欲しい」とヤキモキしているけれど、緊急性の低い修理は後回しにされてしまうらしく、台風の翌日にお願いしたにも関わらず、いまだに修理の日程さえ決まっていない状態だ。

そして今回の台風21号である。

人間、痛い目に合う事で成長していく生き物のようだ。私は今まで台風が来ると知っていても「どうせ大阪は大した事にはならないんでしょ?」と舐めているところがあって、風呂の水を抜かずに置いておく程度のことはしていたけれど、それ以外は特に何もしていなかった。

台風21号の時、我が家は運良く被害を受けなかったのだけど、屋根が飛ばされたり、ガラスが割れたりした家を目の当たりにしたり、近隣で長時間の停電があったのを見聞きしていたので「たまたま、あの時は免れたけれど他人事ではない」と、今回はキチンと対策して挑んだ。

だって本当に台風が来ちゃうと…

  • 屋根は簡単に飛ぶ
  • トタンも飛ぶ
  • 外に置いている物はとりあえず飛ぶ
  • 飛んてきた物が当たって家が壊れることもある
  • 電柱が倒れたら停電する
  • 断水する可能性もある

雨戸や面格子の無い窓は養生テープで養生。ベランダの物はすべて撤収。サンダル等も飛んでいくので外放置は厳禁。風呂水を貯め、夕食は停電を想定しておでんとおにぎり。おでんはカセットコンロで温めるつもりでいた。

近隣も窓を養生している家が多く、スーパーは闇市さながらの大混雑だった。

そんな訳で準備万端整えて台風を待ち構えていたのだけれど、台風の進路は大阪からは少しズレてくりたらしく、拍子抜けしてしまうほど大した事がなかった。「いつもより風雨がキツイねぇ」と言う程度。

しかし、自分達の住んでいる地域が大丈夫だったと言うことは、他の地域で被害が出いる…って事に繋がる。台風って微妙にズレるだけで受ける被害は大違い。被害の大きかった地域が早く落ち着くことを願うばかり。

やっと台風が去ったと思ったところなのに、今度は25号が控えているとか。まだ、日本に来るのが確定した訳ではないけれど、出来ればご遠慮戴きたい。

ちなみに浴槽に貯めた水は翌日、洗濯と拭き掃除に使った。ちっょと多目に水を貯めたので、いつになく念入りに拭き掃除をせざるを得ず、おかげでなとんなく家の中がスッキリした気がする。台風なんてコリゴリだけど、台風が来るたびに我が家はちょっとずつ綺麗にになるのかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました