Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

諭吉先生が集団で。

娘が体操の大会に出ることになったのだけど、体操素人の親にとって初めての事ばかりで戸惑っている。

とりあえずレオタードの購入。今までは体操教室指定のTシャツと短パンで良かったのだけど、先生から「レオタードに慣れるためにも大会だけでなく、普段の練習にも着てください」と言われてしまった。

そして、そのレオタード。色々なデザインの物がある。長袖だったり半袖だったり、ノースリーブだったり。素材も色々。初めてなので、どれを買ったら良いの分からないため、袖なしと長袖を1着ずつ買うことにした。

レオタードを着るとなると下着は専用の物を身につける必要がある。スーパーの2階で売っているような物とは訳が違うので、これもけっこうなお値段。

さらに「最初はレオタードを着て練習するの恥ずかしくて、レオタードの上からスパッツを履く子が多いですよ」と言われてた。娘も「選手の子達は練習の時にスパッツはいてた」と言うので、これも買わねばならない。

  • レオタード2着
  • スパッツ2着
  • アンダーウェア2セット

合計するとスーツが買えてしまうお値段である。

先生曰く「大会出るようになるとけっこう費用がかかりますよ。先生の子達のレオタードは、オプションで凝ったりするので1着4万円とかありすよ」とのこと。

1着4万円とか!

当然ながら大会に参加するにも参加費が必要。カメラやスマホを持ち込む場合も「撮影料」が必要になる。パンフレットもお安くない。

その上、大会直前になると「強化練習」なんてのもるらしい。当たり前だけど、強化練習に参加するのは普通の体操教室のお月謝とは別料金だ。

我が家から諭吉先生が集団で旅立ってしまわれる…

習い事にお金がかかるのは当たり前のこと。体操だけが特別って訳ではないのは承知しているものの、何かにつけて諭吉先生が旅立ってしまわれるので途方に暮れる。

…とは言うものの、娘は最近体操に対しての気持ちが盛り下がっていたのだけど、大会出場が決まってからは俄然盛り上がっている。親として応援するしかない。

選手コースで頑張っている子達の親御さんはどんな風にやりくりしているだろうなぁ。遠征なんかへ行くようになると、諭吉先生の桁が上がるとのこと。

パソコン内職。節約。貯金。今まで以上に頑張っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました