Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

台風21号の爪痕と私のグッジョブ!

先日、大阪を通り過ぎていった台風21号。予想以上に被害が大きくて驚いている。

築50年の我が家が何の被害もなかったのは奇跡的としか言いようがない。住宅密集地で裏と西隣は三階建で風から守られる形になったのが良かったのだと思う。東隣は隣家の駐車スペースなので、東から風が来たら被害があったかも知れないけれど、今回は南からの風だったので、周囲の家に守られる形で凌いだようだ。

台風一過の翌朝。周囲を探索してみてたら街の風景が酷いことになっていた。

  • アンテナ落ちまくり
  • 瓦落ちまくり
  • ガラス割れまくり
  • 壁に謎の穴、あきまくり
  • テナントの庇や看板壊れまくり
  • 木は折れ放題
  • 根こそぎ倒れてひっくり返る木もアリ

「新しい家は壊れない」とか「施工のしっかりしている家は壊れない」と言う人もいるけれど、被害にあっている家を観察してみて一概にそうとは言えないと思った。

比較的新しい家なのに飛んできた何かが突き刺さって壁に穴が空いていた
公園を囲む家の屋根が軒並みやられていた(風の溜まり場になった模様)

「どっかからなんか飛んできて窓ガラスが割れた」
「ベランダにどっかの庇が突き刺さっていてバルコニーが壊れた」

被災した人の話を聞いていると気の毒で仕方がない。

家が壊れるか壊れないかは運も大きく左右する。古い家よりも新しい家の方が台風に強いの間違いない。それはそれとして、いざ災害となると理不尽な話だけれど「運」も大きく関係してくるような気がする。

さて。うちの家は被災しなかった訳なのだけど、家の前は風の吹き溜まりになってたらしく色々な物が飛んできて、昨日は片付けに大忙しだった。

災害ゴミをどうにかしないといけない訳だけど、粗大ゴミだと費用を請求されてしまう。「もしかしたら役所で引き取ってくれるかも?」と思った私は、朝1番に昔懐かしい『チケットぴあ』のチケット争奪戦に挑むくらい心構えで市役所に問い合わせてみた。

結果…被災ゴミは無料で回収してくれるとのこと。

ご近所一帯災害ゴミだらけなので「うちの家以外にも、ご近所に沢山被災ゴミがあるのですが、一緒に持っていってもらえますか?」と聞いたところ「一箇所にまとめてくれたら持っていきます」との回答をもらった。

隣近所に被災ゴミ回収について説明したところ「是非うちもお願いしたい」とのことだったので、市役所から回収日の連絡が来たら声を掛けることになった。ちなみに…ご近所の中には我が家を監視しているお隣のクレーマーも含まれている。

いつだったかの台風の時。お隣の家に裏のトタンが飛んできたとかで、お隣が裏の家にカチ込んで大騒ぎになった事がある。

私は密かに「今回も絶対どっかの家にカチ込むに違いない…大量の物が飛んできてるから警察沙汰は避けられないな…」と覚悟していたのだけど、被災ゴミ回収の説明をしたところ「こんな時だからお互い様よね~」などとアッサリ受け入れてくれた。

私。グッジョブ!

誰が褒めてくれる訳じゃないけど、ここで自慢しておく。隣のクレーマーに先制してカチ込み回避工作とか! 実のところお隣のカチ込み防止のためにやった事ではないけれど、結果としてご近所の平和を守ることになった。

被災状況を見ていると大阪の街が元通りの姿を取り戻すのはまだちよっと先になりそうな気がする。今はまだブルーシートをかぶせただけの家が多い状態なので、次の台風は本気でしばらく遠慮したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました