Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

2016年を振り返って。

気が付けば今年も終わり。時間の流れの早さにビックリする。

「年明けに1年の抱負を書いた気がするな…」と、年明けの日記を読み返してみたところ、目標を達成出来たものもあれば、不本意に終わったものもあった。

目標を達成出来たは家のリフォーム。娘の玩具を入れていたカラーボックスをリメイクしてキッチンカウンター風の物を作ってセルフリフォームしたし、居間は業者さんにお願いして壁を塗り直して、畳床暖房を導入した。

そして仕事面。年明けの抱負では「目標は個人事業主になること」と大きな事を言っているけれど、個人事業主として申請するほどの利益をあげる事は出来なかった。

もちろん個人事業主になりたければ今すぐにでもなれるのだけど、商売をしている知人に相談したとこ「まだ、そこまで手間暇かけるほどではないかな。正直…面倒くさいよ」との事なので、今年は見送り。

収益自体は前年度よりも良くなっているけれど、いま一歩踏み込めていない感がある。

家族面では、母達に振り回れた1年だった。義母も実母も入院しまくり。

どちらの母もマイペースと言えばマイペースだし、我がままと言えば我がままだ。どちらの母も出来るだけ長く健康で過ごして欲しいとと思うけれど、こればかりはなるようにしかならない。

読書生活については順調だったと思う。しかし、こちらは趣味の話なので時間さえ取る事が出来れば順調なのは当たり前と言えば当たり前なのだけど、趣味の時間が作れる環境にある事を感謝したいと思う。

私個人の事については、今年はかなり充実していた。春には1人で『春画展』に出かけたし、ゲームもけっこう楽しんだ。

独身時代のようにはいかないけれど、今もゆるゆると『ポケモンGO』を楽しんでいる。そして何より良かったのは、長らく会っていなかった友人達と会えたこと。

かつてのように濃い付き合いは出来なくなってしまったけれど、ずっと付き合っていけたらいいな…と思う。

母達の入院騒動は大変だったけれど、母達の年齢を思えば当たり前の流れなのだし、なんだかんだ言って今年は良い年だったと思う。何よりも家族が健康で仲良く暮らせたのが良かった。

今年も1年、拙い日記にお付き合い戴きありがとうございました。来年もよろしきお願いします。良いお年をお迎えくださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました