読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

御朱印帳と寺社仏閣巡り。

ニュース番組で「インスタ映えを意識する女性達の間で御朱印帳が流行している」と言う特集が放送されていた。

御朱印帳のブームは今にはじまった事ではないけれど「インスタ映え」なんて言葉が出て来たのに乗っかって、御朱印集めも加熱しているらしく「インスタ映えする御朱印」を始める神社やお寺が増えているとのこと。

私は中学生の頃から寺社仏閣巡りが大好きで結婚するまでは1人でフラフラと寺社仏閣を訪ね歩いていた。

当時は御朱印帳の存在を知らなかったのだけど、今年に入ってから私も御朱印帳デビューすることに。娘がキャンプに参加する時など、御朱印帳を持って夫と京都のお寺を歩いたりしていた。

しかし。ふと気がつけば私の御朱印帳の日にちは5月3日で止まっている。この日付は娘が春のキャンプに出掛けた時のものだ。それ以降、御朱印帳は封印されたまま現在に至る。

週末は娘が土曜日も体操教室へ行くようになったため、自由に使えるのは1日しかなくなってしまった。

その1日も毎回「家族でレジャー」とはいかず、夫の実家に行ったり買い物に行ったり、娘の習い事のテスト関係で潰れたりして丸まる使える訳ではない。

たまのレジャーとなるとどうしても娘の行きたい場所が優先されてしまうので、寺社仏閣はまずもって選ばれないのだ。

先日も紅葉狩りに奈良公園へ行ったけれど、飛火野をガチガチと歩くのがメインでしっとり寺社仏閣巡り…と言うノリにはならなかった。

ニュースを見ていたら久しぶりに御朱印帳を持って出掛けたくなってしまった。

冬の京都は寒いけれど「京都冬の旅」で特別拝観が行われるので寒い中行く価値はあると思う。行けるとすれば娘がスキーキャンプに行くタイミングかな……。

「娘をキャンプの集合場所に送り届けたその足で1人で京都に突撃してもいいんじゃない?」と思ったり「いやいや。そこはゆっくり仕事を片付けるチャンスでしょ? 冬休みはまともに作業出来ないの分かってるんだし」と思ったり。

とりあえず初詣をする時には必ず持って出掛けようと思う。今年もおそらく地元の神社に初詣に行くと思うのだけど、御朱印帳を受け付けてもらうそうなら是非お願いしたい。

御朱印帳を眺めながら「あの時は楽しかったなぁ~」としみじみとため息。ちょっと忘れていたけれど、私個人の楽しみも再開したいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました