Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

義母のこと色々と。

義母が入院してからと言うもの、なんだかんだで義母の事で振り回されている。

実家の母と違って義兄一家もいるので、私と夫の負担自体はそこまで大きくはないのだけれど、病院が遠いのと想像以上に義母が頼りないのとで、何かと騒ぎが大きくなってしまう。

例えば。義母が義兄に「ゆうちょの通帳記入をしておいてね」と用事を頼むとする。

義母が義兄に言った場所に通帳が無くて「白蓮さん、どこにあるか知らない?」と私に連絡。しかし私はお金の事に関してノータッチなので、通帳がどこにあるかなんて把握しておらず「もしかしたら入院した時に持ってきたバッグの中かな…」と思うものの、バッグは触らせてもらえないので、お見舞いに行っても通帳は行方不明のまま。

義母は「もう、いいわ。退院したらまたボチボチ探すから」と呑気に言っていたけれど、結局病院のテレビ台に据え付けてある鍵のかかった貴重品入れに入っていた……とか、一事が万事そんな感じ。

保険関係にしても、通帳やお金の事にしても、義母は想像以上していた以上に管理が出来ていないって事が分かってきた。

火災保険も切れそうになっていたらしく、通知のハガキを見た義姉が「振り込み期限明日になってる!」と慌てて入金した…なんて事も。

こう言う事って「高齢者あるある」なんだろうか?

実家の母はワガママでうんざりする事があるけれど、お金に関する事はしっかりしていて、そこは信頼している。

「何かあった時にここから支払って」と預かっているお金もあり、弟も私も実家のお金の管理については特に何も心配していない。なので義母についても「ずっと1人で管理してきたのだし、何の心配もない」と思い込んでいて、そんなに管理ができていないなんて想像もしていなかった。

半分だけ食べてラップしたリンゴが16個も冷蔵庫に入っていた事件」の事もあるし、足腰の事も心配だけど、義母の今後のなりふり自体が心配でならない。

義母自身は「自分はしっかりしている」と思っていて「リハビリしたら元通りになるし、また同じ生活がはじまる」と思っているようだけど、私の目から見るとしっかりしている風には思えない。

実の親なら、キツく言ったり、場合によっては強硬手段に出るかも知れないけれど、嫁の立場ではあまり深くは突っ込めないのがもどかしいところだ。最終的には義兄の意見が反映されると思うのだけど、認知症疑惑については今のところ話し合いはしていない。

それはそれとして。リハビリ病院への転院が決まった。

どこまで回復するのかは分からないけれど、とりあえず一歩前に進んでホッっとした。義母の件については、なるようにしかならないのだし、思い煩ったところでどうにかなる話ではないのだけれど、気が重い事この上ない。

あんまり考えないようにしようと思うのだけど、次々と色々な事が起こるので、否が応でも考えざるを得ない。

「まずはリハビリが先」なのだし、救急車では運ばれた時の事を思えば元気になってきたのだから、良しとしなきゃな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました