読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

久しぶりのハイキング。

先の日曜日は久しぶりに家族でハイキングに出掛けた。

家族揃って遠出をするのは久しぶり。夫は資格試験の勉強で家に籠る事が多かったし、私と娘は出掛けると言えば自転車を飛ばしてばかりだった。今回も自転車で遠出しようかと思っていたのだけれど「たまには歩くのもいいんじゃないの?」と言うことで、ハイキングに出掛けてきた。

行き先は山の公園。一般的には自動車で行くような場所で、幼稚園の遠足では定番の場所。

娘も小さい頃はお世話になっていたけれど、遊具が物足りなくなってきたので、最近はとんとご無沙汰していた。今回は遊具で遊ぶよりも「歩く」事が目的だったので「距離的に調度良い場所」と言うことで選んだ。

午前9時に自宅を出発。延々と歩くだけの安上がりレジャー。日曜日は天気が良くて歩くには調度良い感じ。歩いていると自転車で走っている時には見落としていた事に気がつく。

娘は普通言えの庭先に、恐らくそのお宅の方が自作されたのだと思われる「飛び出し坊や」が飾ってあるのを見つけて喜んでいた。確かに車庫の横からチラリと子どもの頭が覗いている姿はちょっと面白いと思った。

河川敷はカラスノエンドウがみっしりと咲いていたり、鯉のぼりが飾られていたりで歩いているだけで楽しかった。

そしてお昼前に山の公園へ到着。ツツジの花が見頃でツツジを眺めながらお弁当。

昼食後、娘は遊具で遊び、私と夫は木陰で休憩。幼稚園時代には遊びごたえのあった遊具も今の娘には少し物足りなさそうだったけれど、懐かしさもあってそれなりに面白かったらしい。

軽く遊んで来た道とは別のルートで帰路に着いた。途中、ショッピングセンターに寄って、サーティーワンのアイスクリームでおやつタイム。4時半過ぎに帰宅した。帰宅後、歩いた距離をざっくり計測してみたら14~15キロとの事だった。

ものすごく面白い場所に出掛けた訳ではないけれど「自動車で行くような場所に歩いて行って、歩いて帰ってきた」と言うだけでも特別感があるように思う。

今回は徒歩で往復したけれど、もう少し遠い場所に歩いて行って帰りは電車……と言うのもアリかと思う。そうしょっちゅうだと付き合う大人が大変なので遠慮したいけれど、たまには歩くのも悪く無いな……と思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました