読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

冬休みモードから通常モードへ。

明日は娘の小学校の始業式。ようやく我が家に通常モードが戻ってくる。娘の事は愛しているけれど、毎度長期休みが明ける時は「ひゃっほーい」と言う気持ちになってしまう。

年末年始は食べる事ばかり考えていた。

クリスマスの食事、お正月の食事。家族揃っての昼食。お金が有り余るほどあって好きな食材を好きなだけ使って料理が出来れば楽しいだろうけれど、一般家庭ではそうも言ってはいられない。

贅沢する部分あれば、その分だけ締めていかねばならない訳で、私の頭の中は常に冷蔵庫の中身とリンクしている。お正月休みが終わっても、娘がいると昼食だってちゃんと作らねばならず「食事の支度をする」って事に軽くウンザリしていた。

給食がはじまったら1人のんびり怠惰な昼食を食べたい。

……などと言う愚痴はともかく。この冬休みは娘にとって充実していたと思う。

体調は万全。クリスマスにお正月。『妖怪ウオッチ』の映画にも行った。平日は青少年センターの子ども講座に通ったり、仲の良いお友達と遊んだり。年末年始は家族であちこち歩いて出掛けたりもした。

家族が家にいると食事の支度等、主婦からすると大変な事もあるけれど、家族で行動するのは大好きだ。くだらない事を喋りながらブラブラ歩くだけでも楽しいから不思議。

心身共切り替えていくのはシンドイかも知れないけれど、私も娘も通常モードに戻っていかなくては。

そうそう。年末に『本の感想。WEBに酷評をアップする事のリスク。』で書いた「本の感想を削除してください」と作者から依頼があった話は全く進展していない。

一応「年内は無理でも年明けに連絡します」との事だったけれど、今のところ音沙汰無し。私としてはこのままフェードアウトしてくれる事を期待している。

実際、作家が自分の作品をエゴサーチして酷評を消して回るだなんて事実が残ってしまえば、それこそ名前に傷が付くんじゃないかと思う。私が担当者だったら、担当作家からそんな相談を受けたら全力で止める。

生活が通常モードに戻ったら、まずしなければならない事は家の中の掃除。トイレやお風呂、掃除機などは毎日しているものの、冬休み中は拭き掃除等、行き届かないところが出てきてしまう。

まずは家の中をサッパリ綺麗にするところから手を付けていこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました