読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

さようなら、マクドナルド。

文化の日に娘は四谷大塚の『全国統一小学生テスト』を受けてきた。

娘が『全国統一小学生テスト』を受験するのは今回で2度目。中学受験の予定は無いけれど「テレビでCMやってるから私も行きたい」と言うミーハーな理由での参加。塾に通っているでなし、好成績は期待出来ないけれど、今後の人生で検定試験だの、受験だのと言った機会があるだろうから、その時の練習になればいいな……程度に思っている。

受験会場までの送迎は夫に任せて、私は食料の買い物だの夕食の段取りだの。用事を済ませて夫と合流。娘を迎えに行って家族で外食することに。娘が「今日はマクドナルドがいい」というのでマクドナルドへ行った。

マクドナルドは不祥事続きで業績が右肩下がりとのこと。「マクドナルドへは絶対行かない」と言う人も多いようだけど、我が家は娘がハッピーセットの玩具を欲しがった時は利用している。今回のハッピーセット(女の子用)は、サンリオのキャラクー、キキララとマイメロディの玩具。完全に玩具目当てなので2セット注文した。

しかし食事をした後、玩具を開けてみて驚いた。渡された玩具はサンリオのグッズではなく、以前のキャンペーンで使った余りの玩具だったのだ。

ハッピーセットの玩具が期間内に終わってしまう事があるのは承知している。しかし多くの店舗では「玩具はありません」等の表示がしてある。

表示の無い店舗の場合、注文した時に「表示されている玩具をお渡しする事が出来ませんがよろしいですか?」と声をかてけくれる。その店舗では「玩具品切れ」の表示も無かったし、確認もされなかったので、てっきりカウンターで指差した「女の子用の玩具」が出てくるものだとばかり思っていたのだ。

娘がガッカリした事は言うまでもない。

食事は済ませてしまったし、玩具も開けてしまった後で「交換してください」とクレーマーになるのは嫌だったので「残念だったね」と帰宅した。

しかし納得した訳ではなかったのでマクドナルドにメールでクレームを入れてみたけれど、1日以上経っても回答はもらえなかった。

ネットで調べたところによると、マクドナルドは専用のメール送信フォームからクレームを入れても返事が来ないなんて当たり前とのこと。返信する気がないなら、送信者情報を記載させなくて良いと思うのだけど。個人情報を抜かれて損をした気がする。

そして2日目。再度、メール送信フォームからクレームを入れてみた。

「メールが行き違いならご容赦戴きたい」「マクドナルドはクレームメールに返信しなくて当たり前…と言うような内容がインターネットでは書かれているけれど、誠意ある対応を期待します」と書き添えて、前日のメールと同じ内容の物を送信した。

すると……なんと10分も経たずに利用した店の店長から謝罪の電話があった。

「実は私は店長になって日が浅く状況を把握出来ていませんでした。誠に申し訳ありません。今後、改善します。またのご来店をお待ちしています」とのこと。ゴネるつもりはないので謝罪を受け入れ電話を切った。

なんだ……マクドナルドってば、やれば出来る子だったんだ。

では何故、1度目のメールで対応しなかったのか? たぶん、ネットの噂通り「クレーマーなんか、とりあえず放っとけ」なスタンスなのだと思う。

返金を希望しているとか、玩具持って来い…とか言っている訳ではないのだ。こんな対応をしているようでは業績が悪化するのも無理はない。

「一事が万事」なのだと思う。マクドナルドが覇権を取っていた頃って「マクドナルドにクレーム入れたら店員がすっ飛んできた。なんだか、かえって恐縮した」みたいな都市伝説が沢山あったように思うのだけど、あれはもう古き良き伝説なのだろう。

正直なところハッピーセットはご無沙汰気味ではあった。前回食べたのは『くまのがっこう』の絵本がついてきた時だったと思う。

娘もそろそろハッピーセット卒業のお年頃ではあるのだけれど、彼女が望むうちは連れて行ってもいいかな……くらいに思っていた。しかし、もう2度と行かないだろう。

マクドナルドの『ドナルド・マクドナルドハウス』の活動についてだけは今後も引き続き応援したいと思うけれど。

特別美味しい訳でもなく、安い訳でもなく、信頼があるでもなく、ハッピーセットの玩具もイマイチ。そして客応対も駄目となると、マクドナルドに行く理由が見当たらない。

私が生まれて初めてマクドナルドへ行ったのは中学生の頃だった。はじめて友達同志で外食をして「ちょっぴり大人になった」気分を味わった場所だ。

色々問題もあったけれど思い出もたくさんあるだけに、今のマクドナルドは本当に残念に思う。

タイトルとURLをコピーしました