Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

2015年の夏アニメ。三つ子の魂百まで。

この夏のアニメは観るものが多過ぎて大変……だと思っていたのに、蓋を開けてみると、途中で脱落した物が多かった。

今期1番面白かったのは問答無用で『監獄学園』。

深夜のお下品なエロアニメなので誰彼なしにはオススメ出来ないけれど、これが終わったら私は何を楽しみに生きていけば良いのだろう……と言う勢い。男の友情が微笑ましく、女の子達も可愛くてたまらな。

最終回はまだだけど、最後まで面白く完走出来そうなのは『それが声優!』『がっこうぐらし』『Charlotte』の3作品。

どれもジャンル的には萌え枠。最近「普通に面白いアニメ」が少ないように思う。円盤やグッズを売るために「萌え」か「腐女子」の二極化しがちなのは分かるのだけど、ちょっと残念に思ったり。

『Charlotte』はもしかしたらハズレなのかな……と思いつつ、途中で投げなくて良かった。

毎回「麻枝准、今度こそ頼むわ」と言う気持ちで観ている。麻枝准には過去に何度となく騙され続けているので最終回まで油断禁物。何度となく騙されているの、それでも懲りずに追ってしまうのは当たりに行き当たった時のカタルシスが半端ないからだと思う。『Charlotte』では思い切り泣かせて欲しい。号泣する準備はできている。

『アルスラーン戦記』『うしおととら』は原作を知っている作品なので安定枠。

こちらは「萌え」とか「腐女子」の枠から外れているけれど、そもそも古い作品を「いまさら」な感じでアニメ化していて、面白いけれど「面白くて当たり前」というイメージ。好きなんだけど新しさは無いと言うか。

脱落したのは『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』『干物妹!うまるちゃん』『GANGSTA.』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の4作品。

どれも悪くは無かったけれど、ハマるほどでもなかった。時間に余裕があれば観ていたのかも知れないけれど、気がつけば録画がどんどん溜まってしまっていた。

毎回、1クールが終了すると「そろそろ私もアニメを卒業する頃合いかな……」と弱気になるのに、新しい季節がくると「よし。今期は何を観るかな」と新番組をチェックしてしまうから不思議だ。

誰が言った言葉なのかは分からないけれど「年をとったら年寄りらしい趣味を楽しんでいると思うだろうけれど、それは間違い。

30歳になった時に楽しんでいる趣味はそのまま年をとってからの趣味になる」と言う意味の言葉は言い得て妙だと思う。

私の趣味は読書とヲタク的な事全般。

この2つは「30歳になった時」どころか、物心ついた時からずっとそうだった。以前は「おばあちゃんになっても、こんな趣味じゃ困るよね」と心配していたけれど、むしろ今は「私がおばあちゃんになる頃は、そんな趣味のおばあちゃんが一杯いるから大丈夫」だと思っている。

「三つ子の魂百まで」ではないけれど、ずっとそうやって生きていくんだろうな……と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました