読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

エコとかリサイクルとか。

先日、市のリサイクルセンターに娘が使っていた「ジュニアシート」を持って行ってきた。

ジュニアシートとはチャイルドシートを卒業した子どもが座る椅子で車の後部座席にセットして使う。長らくお世話になったけれど、娘も晴れてジュニアシートを卒業。これからは大人と同じ扱いでシートベルトを着用する。

いらなくなったジュニアシートの処分については、ちょっと迷った。

我が家は基本的に電車・自転車移動がメインで、ジュニアシートは実家の車に乗る時に使っていただけなので、かなり状態が良い。説明書も残してあるので、誰か使ってもらえる人がいれば差し上げるのだけど、そういう人もおらず捨てるしかななかった。

粗大ゴミに捨てるかリサイクルショップに売るとい選択肢もあったのだけど「もしかしたら必要な人がいるかも」と思い、リサイクルセンターの「ゆずりますコーナー」に持って行くことにした。

私の住んでいる市のリサイクルセンターには「ゆずりますコーナー」がある。

以前、娘のベビーベッドを「ゆずりますコーナー」に置いた時は、偶然にも仲の良いママ友が「出産する友達が欲しがっているから」と持って帰っていった。

「そうと知っていたら、わざわざリサイクルセンターまで運ばなかったのにね」と笑った覚えがある。赤ちゃん用品は使う期間が短いので、リサイクルセンターは人気があるとのこと。

ジュニアシートを自転車に乗せてリサイクルセンターに運んだのだけど、リサイクルセンターが様変わりしていて驚いてしまった。

「ゆずりますコーナー」のシステムが変わっていて、1度登録したら誰でも品物を置いて良いことになっていた。以前は市の職員が管理していて「うちはいらないけど、これは需要ありそうだね」と思うような物が沢山あったのに、ゴミ同然の小汚い物が申し訳程度に並んでいて、まるでゴミ置き場だった。

「こんなゴミ置き場に持ってくるくらいならリサイクルショップに売れば良かった」と後悔したのは言うまでもない。もしかして、リサイクルセンターの予算を削減されたとかで手が回らなくなってしまったのだろうか?

私はリサイクルって考え方は嫌いじゃないし「中古」が気にならない人はどんどん利用したら良いと思っているのだけど「タダだから」と言って、何を出しても良い訳ではないと思う。

もしかしたら粗大ごみを処分費用を浮かせるために持ってくる人がいるのかな……とは思うのだけど、あんな状態ではリサイクルとは言えない。

引き取り手が現れなければゴミとして処分されるのだから、処分する人件費等を考えるとエコどころの話ではない。

「ゆずりますコーナー」がゴミ置き場のようになっていても「それで良し」としている市の考え方も嫌だし、ゴミ同然の物を持ち込んでくる人もどうかと思う。

「あれなら捨てた方がマシ」と思ってしまた。エコとかリサイクルの難しさを実感させられる出来事だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました