読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

オリンピックなんて興味ないけど…。

記事内に広告が含まれています。

私はガチヲタで運動大嫌い人間だから本音を言うとオリンピックに興味はない。

夫がサッカー好きなので一緒にサッカーを観るうちに「サッカー観戦も悪くないな」と思えるようになったし、娘が体操ガチ勢だった時期は体操のことばかり考えていたけど、オリンピックだろうが、ワールドカップだろうが、世界陸上だろうが個人的には無くてもまったく困らない。

だけど今回のオリンピックのフィギュア女子の騒動は人の子の親として哀しくなってしまう。

ドーピングで引っ掛かったワリエワはまだ15歳だぞ?

娘は現在14歳。娘より1つ年上なだけの少女が必要のない薬物を飲んでいた…って事が嫌だし、ドーピングしてまで競技に取り組んでいたワリエワを大人が守ってやれなかったのも腹立たしい。

国家ぐるみでドーピングに取り組むロシアの姿勢自体が間違っていると思うし、競技の公平性からドーピングはNGとしておきながら競技への参加を認めているIOCもどうかと思う。

国や人の思惑があってこその結果だとは言うもののね15歳の女の子があんな目に合うなんて酷い話だ。国家の代表であるとか、家族の生活を背負っているとか色々な背景があるかも知れないけど、彼女に関係する大人達は「自分が15歳の時ってどんな感じだったか」を思い出してもらいたい。

銀メダルを取った17歳のトゥルソワも「まったく嬉しくない」と言っていて、ロシアの女子フィギュアは異常だと思う。

今回の北京オリンピックは女子フィギュアだけでなく、不透明な部分が多過ぎる。コロナ禍の中でわざわざ開催してコレとか、どう言う了見なんだろう。

オリンピックが終わったら戦争がはじまるのではないかと言われているし、なんだか嫌な感じだ。

終わってしまった事なので、今さらどうのこうの言っても仕方がないけど、ワリエワにしてもトゥルソワにしても国に帰って穏やかに生活できるのか心配でならない。彼女達が穏やかに生活できることを心から願う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で