読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

夏休みがやって来る【2015年】

今年も夏休みがやって来ようとしている。まだ6月に入ったばかりだと言うのに「個人懇談の日程」とか「夏休み中のプールの日程」なんかが配られて、夏休みを意識せざるを得ない状況だ。

娘の事は心から愛しているけど、長期休暇に入る前は憂鬱の虫に取り憑かれるのだ。エネルギッシュで体力が有り余っている娘を毎日どうやって満足させればいいのか? 想像しただけで辛くて泣けてくるのだ。

憂鬱だと言いながらも夏休みの準備は着々と進んでいる。

旅行の宿はとりあえず押さえた。まだ先のことなので夫の仕事の都合でどうなるかは分からないけれど、ファミリー層向けのお安い宿は暢気にしているとアッと言う間に予約で埋まる。

短期のスイミング教室も申し込んできたし、夏休みイベント系の懸賞も、ちょくちょく申し込んでいる。昨年は娘の好きなアイドルと一緒に踊るダンスレッスンが当たったのだけど、今年も何か1つ当たるといいなぁ……と期待を込めて。

PC内職もとりあえず夏休みの前倒し作業は最低ラインをクリアした。もちろん、これで満足している訳ではないけれどある程度突っ込んでおいたので、全く作業できない日があったとしても大丈夫だ。

子どもを複数育てている女性を心底尊敬する。私は娘1人で精一杯だ。

随分と手がかからなくなってきた部分は楽になったものの、体力がついてきて活動時間が長くなっているので、その点ではむしろキツくなっている。とは言うものの、いざはじまってしまえばアッっと言う間に過ぎていくだろうって事は分かっている。憂鬱なのは今だけだ。

とにかく夏休みに突入するまでに、やるべき事はやっておきたい。そして「どこからでもかかってこ来い!」と夏休みに立ち向かっていく力を今のうちに蓄えておきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました