Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

アーノルド・ローベルの愛

私は本の中でも小説が好きなのだけど、本好きになった基礎は子どもの頃に読んだ絵本や児童書だったと思う。

本当は絵本の感想もガンガン書いていきたいけれど、そこまで手が回らないのが現状で「すごく好きだった絵本」や「大人になって再読した絵本」の感想が数冊ばかりある程度。

その数冊の中にアーノルド・ローベル『ふたりはともだち』という作品がある。

created by Rinker
¥1,026(2019/04/01 13:54:46時点 Amazon調べ-詳細)

「かえるくん」と「がまくん」と言う2匹のカエルの物語で短篇集が4冊ばかり出版されている。

『お手紙』と言う作品が小学校の教科書に載っているので、ご存知の方も多いのではなかろうか。

スポンサーリンク

アーノルド・ローベルの世界とその愛

「がまくんとかえるくん」のシリーズは大好き過ぎて友人にプレゼントしたこともある。

本好きの方なら分かっていただけるかと思うけれど、本好きに本を贈るのって、意外と難しい。

相手のことをよく知っているつもりでも好みを外してしまったら目も当てられない。下手すると「ありがた迷惑」なことになってしまう事さえある。

それなのに、友人にどうしてもどうしても読んで欲しくて『ふたりはともだち』をプレゼントしせずにはいられなかった。

『ふたりはともだち』は私とって、それくらい好きな絵本なのだ。

先日『ふたりはともだち』に関して、長年抱いていた謎が解けたので、今回はそれについて書いておきたい。

かえるくんとがまくんの関係

アーノルド・ローベルの描く「がまくんとかえるくん」のシリーズを読んだ事のない方もおられるかも知れないので、かえるくんとがまくんの簡単な解説など。

かえるくんとがまくんは友達同士。それぞれ別々に暮らしていて親しく行き来する関係。

  • かえるくん→見た目に美しいく性格の良いカエル。お友達も多い。
  • がまくん→醜い見た目のカエル。自信がなく、卑屈な性格。

子ども視点で読むと「かえるくんは、あんなに性格良くて人気者のカエルなのに、どうしてがまくんと仲良しなんだろう?」となるかと思う。

どこからどう見ても…

  • かえるくん→優秀
  • がまくん→控えめに言って残念

…と言う風に描かれている。

教育的観点から言うと「それでも2人は友達だ」とか「友達の関係に上下なんてないんだ」みたいな点が、かえるくんとがまくんのシリーズにおける推しポイントなのだと思う。

互いを大切にする関係

かえるくんとがまくんはお互いの事を実に大切に思っている。

教科書に掲載されている『お手紙』もそうだけど、シリーズ4冊を通して描かれているのは2人の絆だ。

2人は相手の事を心底大切に想っていて、互いに思いやっているところや「何がなくても2人一緒だったら、それだけで幸せ」って感じが胸キュンなのだ。

「お互いの事が大好きだたまらない」と言うかえるくんがまくんの美しい関係は私にとって理想の姿だった。

しかし私はずっとずっと心に引っかかる事があったのだ。

かえるくんとがまくんは友達の領域を越えて愛し合ってるのではないか」と。

かえるくんがまくんの愛

20代の頃に「がまくんとがまくんは友達の領域を越えて愛し合っている気がする」と友人のFに言ってみた事がある。

しかしFの返事は連れないものだった

「それは白蓮が腐女子(ボーイズ・ラブ好き)だからだよ。なんでもかんでも邪まな目で見るからそう感じるんだって!」

それ以来「あれは私の気のせいなんだな」と言うことで自分を納得させていた。

しかし、最近になって驚くべき事実を知ってしまったのだ。

実はアーノルド・ローベルはゲイだったのだ。

アーノルド・ローベルについて

アーノルド・ローベルにはアニタ・ローベルと言う妻がいる。

アーノルド・ローベルとアニタ・ローベルは沢山の絵本を世に送り出していて夫が文章を書き、妻が絵を描くスタイルで作られた本が多い。

ちなみに、アーノルド・ローベルとアニタ・ローベルの間は画家で舞台美術家のエイドリアン・ローベルと言う娘がいる。

しかしアーノルド・ローベルは『ふたりはともだち』を発売した4年後に家族にゲイをカミングアウトしていて、1987年にエイズの感染による合併症で亡くなっている。

アニタ・ローベルの娘、エイドリアンローベルは父の死後、インタビューの中で『ふたりはともだち』について、こう語っている。

  • あれは父の書いた物語の中で、唯一恋愛関係を伴ったものでした
  • がまくんとかえるくんは「同性で、互いを愛しています」

Newyorkerより引用

やはり、かえるくんとがまくんは愛し合っていたのだ。

美しい愛の物語に乾杯!

「あの2人は恋人同志にしか見えない」とずっと思っていた私の感覚は間違っていなかったらしい。

作品と作者は別物だとは言うけれど「かえるくんとがまくん」の場合は作者の嗜好が多いに投影されていると思う。

20年以上、モヤモヤしていた謎が解けた瞬間だった。

まぁ言うなれば「ちょ、何? なんか怪しいなぁ……って薄々感じてたけど、やっぱ、かえるくんとがまくんって付き合ってたんだ!」ってところだろうか。

「かえるくんとがまくんは恋人同士だった」と言う事実を知った上で改めて「かえるくんとがまくん」のシリーズを読むと、今まで以上に味わい深いものがある。

かえるくんがまくん。2人の間にあるのは友情を越えた愛なのだと確信した。

かえるくんとがまくんの愛に乾杯!

ダンブルドア先生もゲイだったそうです
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』感想。
お正月休みに家族で『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を観に行ってきた。 『ファンタスティック・ビ...
ふたりはともだち アーノルド・ローベル 文化出版局
かえるくんとがまくんが活躍するシリーズは私が激愛する絵本なの思い入れたっぷりに書いてみようと思う。 かえるくんと、...
タイトルとURLをコピーしました