読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

あけましておめでとうございます。2023年。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

『白い木蓮の花の下で』は読書サイトとしては今年で21年目、日記サイトとしては22年目を迎えます。インターネット老人会に入っても良い頃合いです。

さてさて。元日と言うことで今年の抱負など。

スポンサーリンク

娘の高校受験

今年は娘が4月に高校生になるにあたり、3月の受験が一大イベントって感じです。

思えば娘が体操を辞めて中学校に入学して、ガチガチの受験塾(馬渕教室)に入ってからは娘の塾のことばかり考えていましたが、受験校が確定したせいか、受験が迫ってきたにしては案外呑気にしています。娘自身の気持ちも安定しているようです。

本命の公立高校に合格できれば最高ですが本命が不合格で併願の私立高校に進むことになったとしても、あちこちの高校に見学に行って納得して決めた併願校なので楽しい高校生活を送れるんじゃないか思っています。

とにかく心身健やかに受験期を乗り切ってもらうことが、私と夫が1番願っていることです。

仕事のこと

私にとって1番心配なのは娘のことなのですが「自分自身に課題はないのか?」と言われると、それはそれで色々あります。

昨年7月に転職した児童発達支援センターでの仕事…けっこうキツイ!

仕事については日記にも書いていますが、ゴリゴリ残業があるし、ピアノの練習もしなきゃだし、人間関係もあまり良くありません。だけど仕事自体は楽しくて、何より時給が高い。

非常勤職員なので新年度に必ず席が確保されているかどうかは謎ですが、需要があるなら更新しようと思っています。

母達のこと

母達については「病気をしないで元気でいてね」って気持ちでいっぱいです。

現状では実母より義母の方が身体的にも認知症的にも心配度が高く、いつまで1人暮らしができるのか微妙な感じ。

……とは言うものの、こればかりは悩んでみたところでどうしようもないんですよね。その場その場で対応していくしかないと腹をくくっています。

自分の趣味とかウォーキングとか

今年は娘の高校受験が終わって一段落するはずなので、自分自身の楽しみも大切にしたいと思っています。

夫と一緒に取り組んでいるウォーキングはもう少し距離を伸ばして歩けるようになりたいですし、娘が学校で宿泊系の行事がある時に合わせて、徒歩旅行に行きたいなぁ~と思っています。

そして今年は娘と宝塚歌劇を観に行こうと思っています。どのタイミングで行くかは決めていませんが絶対に行く!(使命感)

昨年はコロナだの、娘の受験だのでお楽しみ要素は控え目になっていましたが、今年はもう少し趣味方面に力を入れていきたいな~と。

懸念事項があったり、やりたい事があったりと、今年も色々ありそうですが、今年も家族揃って元気に過ごすことが1番の願いです。

拙い日記と読書感想文ですが今年もお付き合い戴ければ嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました