読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

Amazonの配達には期待しないことにした。

コロナ以降、買い物における通販への依存度が爆上がりしている。

私はもともとインターネット大好き人間なので楽天もアマゾンも手離すことが出来ない。最近はそこにヨドバシドットコムも加わって、より便利だったり安かったりするところで買い物している。

楽天、アマゾン、ヨドバシドットコム。それぞれに良さがあって「1番便利で好きなのはココです」と言い切る事は難しい。だけど配送が最悪なのはアマゾンだと確信している。

アマゾンの配送についてはアマゾンの配達員の傍若無人な動画がTwitter等で拡散されることがあるけれど、私の住んでいる地域のアマゾンの配達員もかなりのものだ。

アマゾンk発注も一般的に知られている配達業者から届けてくれる時は問題ない。困るのはアマゾンが直接契約している個人の業者。地域差はあるかも知れないけれど、私の地域はかなり酷い。

  • 配達日指定 → 守らない
  • 配達時間指定 → 守らない
  • 置き配指定 → 守らない
  • 在宅中なのに → インターホンを押さず玄関放置

配達日、時間、置き場所…何1つとして守らないのは強気過ぎる。

時にはアマゾンから「配達中に不都合が生じたので返品扱いとします」と言うメールが届いた1時間後に、何事もなかったようにポスト投函された…なんて事もあった。

最初の頃はいちいちイライラしていたけれど、最近は達観して「アマゾンの配達はアメリカナイズされているんだな」と思うことにしている。アメリカの配達員は商品を投げ入れるとか普通にあるらしい…と聞くので「そう言うものだ」と思うことにした。

…なので最近、アマゾンで発注する時は日時指定も置き配指定もしないことにしている。「再配達が大変だろうから、この時間で…」なんて気を回したところで、彼らは彼らのやりたいようにしか配達しないのだもの。それが原因で再配達が発生しても知ったことじゃない。

アマゾンの配達の自由さ加減には腹立たしいを通り越して、なんだか清々しい気持ちになってしまう。日本人は何をするにつけても真面目で丁寧だけど、もしかしたら世界的に見れば日本人の感覚の方が異常なのかも知れないな…とか。

アマゾンの配達は全く信用していないものの「ムカつくからアマゾン使わない」とは言えないほどアマゾンに頼り切った生活をしているので、アマゾンの配達とは「無事に届けばいいや」くらいのスタンスで付き合っていこうと思っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました