読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

いつか夫と徒歩旅行。

記事内に広告が含まれています。

娘の高校受験が終わったら夫と「徒歩旅行に行きたいね」と話をしている。

取らぬ狸の皮算用ではあるけれど、娘が高校に入学したらどこの学校に進学したとしても宿泊を伴う行事がある(と思う)。なので娘がいないタイミングで私達も夫婦だけで1泊旅行をしようじゃないか…って話。

今のところ「目一杯歩いて行けそうな場所にある旅館かホテルに泊まる。帰りは電車」くらいのふんわりした計画で「MAXどれくらい歩けるのか?」とか「歩いて行ける範囲…と言っても、どっちの方向を向いて歩くのかは?」って事については全く決まっていない。

先日、娘が弁当持ちで塾の授業があったので、私達も朝から出掛けて途中で昼食を食べ、歩いて家まで帰ってきた。

万歩計アプリ画像

万歩計アプリ画像

今回歩いた距離はざっくり28キロ。帰宅時間に制限がなければ、もう少し歩けると思う。何しろ「娘が塾に行っていない時間」しか動けない上に「帰宅して夕食を食べる」と言う縛りがあるので、全力を尽くしている場合じゃない。

……とは言うものの28キロ歩いて帰宅したら疲労困憊…って感じだった。本気でもっと歩くのであれば昼食やオヤツのことを真剣に考える必要がある。

ちなみに28キロ歩いた日の昼食は適当に飛び込んだお店のラーメン。水分補給はしていたけれどオヤツは食べていなかった。ラーメンは塩分が多くて喉が渇くためウォーキング中の食事には向かない。

あくまで予想だけど今の夫と私なら1日に35キロ~40キロくらいなら歩ける気がする。夕食の準備等もなくて「宿で寝る」って感じならギリギリまで頑張っても平気だろうし。

人間って案外歩けるものなのだなぁ。

私は子どもの頃から運動が大嫌いで人生で1度たりとも運動部に入ったことがない。なのでフルマラソンを走る人とか、四国八十八ヶ所を歩くお遍路さん達を超人のように感じていたけど、なるほど出来なくもないな…と。

夫と徒歩旅行をするのは「娘が高校に入ったら」って話なので、まだまだ先のことだけど、案外アッと言う間なのかも知れない。徒歩旅行が実現する時までに自分達の歩くペースや最適な歩き方を模索していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で