読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

大阪人のソウルフードりくろーおじさんのチーズケーキ!

記事内に広告が含まれています。

三連休初日の金曜日。娘の塾が休校日で夕方までたっぷり時間があったので、昼食後、夫と2人でガチめのウォーキングに出掛けた。

今回のウォーキングでは大阪市内を目指しての行脚。目的は「りくろーおじさんのチーズケーキ」を買うこと。

りくろーおじさんのチーズケーキはテレビ等でも取り上げられることが多いので、大阪在住じゃなくても知っている人が多い、スフレタイプのチーズケーキ。

いつからあったのかは知らないけれど、私が初めてりくろーおじさんのチーズケーキを食べたのは高校生の時だった。当時は今ほどスイーツの種類が沢山出回っていなかったこともあって「世の中にこんな美味しいケーキがあったのか!」と衝撃を受けた覚えがある。

りくろーおじさんのチーズケーキは味もさることながら、値段も凄い。初めて買った時は1個500円。ワンコインで買えるお手軽ケーキだった。現在は765円と値上がりしているけれど、それでも6号のホールケーキが765円で買えてしまうのは凄いことだと思う。

りくろーおじさんのチーズケーキは、焼き立てふわふわなのだけど、冷蔵庫に入れて翌日になると食感がしっとりして1個で2度美味しいのが特徴。

メディアに取り上げられるようになってからは「行列しないと買えない」なんて言われているけれど、りくろーおじさんのチーズケーキは回転が早くて次々焼き上がってくるので、待ち時間は案外短い。

この日はりくろーおじさんのチーズケーキを3個購入した。1つは自分ち用。あとの2つは仲良しのご近所さんへの差し入れ用。

お隣さんは息子さんが受験生でストレスの多い日々を送っているしひ、斜め向かいの奥様は抗がん剤治療中で「今はちょうど休憩してるタイミングで元気にしてる」と聞いて、どちらのお宅にも「何かしたいなぁ」って思っていたので、りくろーおじさんのチーズケーキはお誂え向きだな…と。

りくろーおじさんのチーズケーキ

りくろーおじさんのチーズケーキ

バレンタインデー前…ってこともあって、りくろーおじさんのチーズケーキはバレンタインデー限定の焼印を押したチーズケーキが販売されていた。

大阪人のソウルフード誕生の動画

帰宅して、まだ温かいチーズケーキをお届けしたところ、たいそう喜んでもらえて満足した。りくろーおじさんのチーズケーキは大阪では「丁度良い手土産」として広く愛されている。

何しろお値段が765円とお安いので、渡す側も受け取る側も気楽にやり取り出来るのが良いのだ。

バレンタインデー限定焼印

バレンタインデー限定焼印

そして我が家も久しぶりにりくろーおじさんのチーズケーキを食べた。りくろーおじさんのチーズケーキは高級スイーツではないけれど、シンプルに美味しいのだなぁ。

翌日のチーズケーキ

翌日のチーズケーキ

そして翌日は冷蔵庫で保存した「ちょっとしっとりしたチーズケーキ」を朝食代わりに食べた。りくろーおじさんのチーズケーキは甘さが控えめなので朝食代わりに食べることも可能。(もちろん、たまに…だから良いって話だけど)

ウォーキングと言うと、目的地は山とか自然と公園…みたいなイメージが強いけれど、たまにはこういうタイプのウォーキングも悪くないな…と思った。また気が向いたら歩いて買いに行こうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で