読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

大阪の街で生きるアライグマ。

ここ数年、自宅近隣に野生動物が増えている…って話を何度か書いてきたけれど、このたびアライグマを発見した。

アライグマの原産地はメキシコ、アメリカ、カナダ。日本では名作アニメ『あらいぐまラスカル』でおなじみだけど、もともと日本にいた動物ではない。

あらいぐまラスカル』以降、アライグマはペットとして輸入され、捨てられてアライグマが野生化して増えている…とは聞いていたけれど、まさか自宅近隣にアライグマがいるとは思ってもいなかった。

ちなみに。私達家族は大阪府で暮らしている。

大阪府を切り分けると南半分に属していて、大阪市のベッドタウンって感じの住宅地。まだまだ田畑は残っているし、少し歩けば大阪府と奈良県の間にある山に登ることも可能。

要するに「大阪って言ってもまあまあに田舎ですよ」って話だけど、私が子どもの頃はアライグマなんていなかったのだ。

アライグマを見掛けたのは娘の塾迎えの時のこと。最寄り駅に向かう途中で発見した。暗い中、奇跡的に動画を撮影することが出来たのでご覧戴きたい。

大阪のアライグマ

動画に映っているのは1匹だけなのだけど、私が目撃したアライグマはツガイだった。

思うに…アライグマはまだまだ増える。

アライグマは繁殖率と生存率が高いらしい上に、自宅近隣にはアライグマの好む餌がワンサカある。川に行けば太ったコイがいるし、カメもスッポンも食べ放題。田畑もそこそこ残っているので野菜だって困らないだろう。

アライグマは都会だと空き家に住み着くことが多いようだけど、私の住んでいる地域は新旧の世代交代が上手く進んでいなくて朽ち果てた空き家もたくさんある。

自治体ではアライグマの捕獲器を貸出したりして駆除する方向でいるみたい。私は無責任に「可愛いなぁ」と言っちゃう訳だけど、農家さんはけっこうな被害を被っているとのこと。

……とは言うものの自分の目でアライグマを見つけた時はちょっと興奮してしまった。まさか自宅近隣でアライグマが暮らしているだなんてなぁ。

野鳥の種類も増えまくっているし、動物観察日記を付けたら楽しいかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました