読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

とにかく歩きまくっている。

コロナ以降、夫婦でとにかく歩きまくっている。

我が家は実にクソ真面目な一家なので本当に遊びに出掛けていない。生活必需品の買い物は仕方がないとしても、それ意外は自宅に引きこもっている。

……とは言うものの、中年が家でゴロゴロしていたは不健康待ったなし。

娘は部活で身体を動かしているし、週末も部活があったり塾があったりして出掛ける機会があるけれど、私と夫は週末になると本当に何もすることがないのだ。

なので週末になると西へ東へと歩きまくっている。年末年始もただただ歩いていた。山の中腹にある神社に初詣した日は娘もついてきたけれど、それ意外は基本的に夫婦2人きりだ。

昼食を挟まない形で出掛けるので最長でも4時間程度で歩いて往復出来る範囲でのウォーキング。どうしても同じような場所に行くことになるのだけど、それでも少しでも違う道を歩くことをテーマに歩きまくっている。

先日、夫が「なんだか老夫婦の予行演習みたいだよなぁ」と呟いた。

……言われてみればそうかも知れない。

私も夫もあと20年もすれば立派な老人。現役を引退すれば毎日が日曜日。そうなったら毎日散歩することになるんだろうか?

だけど私や夫が老人になる時、働かないでいられる未来なんて考えられない。「働かない」のと「働けない」のとでは随分違う。高齢になって働けなくなることはあるだろうけど、いまの中年世代に「働かない」って選択肢は無いような気がしてならない。

年金額だって知れたものだし、老後悠々自適で暮らせるほどの貯蓄が出来る気がしない。

とにかく歩きまくっている今の状況は「老夫婦の予行演習」なんて言う微笑ましいものではなくて、今しか出来ないレアな経験なのかも知れない。

コロナは一向に収まる気配がないので、私達夫婦は週末ごとに歩きまくって過ごすのだと思う。でも、ちょっと飽きてきた。コロナが落ち着いたら夫婦で映画館に映画を観に行きたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました