読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

足の角質とベビーフット。

記事内に広告が含まれています。

ウォーキングをはじめてからと言うもの足の角質の厚さが大変なことになってしまった。

「足の裏がザラザラしていて硬い」と言っても、素足を誰かに見せるわけじゃないしストッキングを履く訳でもないので何も困らない。なのでずっと放置していたのだけど、生活に支障をきたすようになったので「どうにかしなきゃ」と思い立った。

我が家はタニタの体組成計を使っているのだけど、私だけ体脂肪率を測れなくなってしまったのだ。

夫と娘は支障なく使えていたので、体組成計に問題があるのではなく、私自身に問題があるのだと推測。

「もしかして足の角質が電流を通さない…とか?」と思いつき、足の角質を減らすことにした。

足の角質と言うと何らかの器具で削る等を思いつくのだけど、若かりし頃「ベビーフット」と言う足をパックする商品を使ったことがあるのを思い出した。その時は興味半分で使ってみたものの、そもそも若くて足の裏もスベスベだったせいか、あまり効果を感じることができなかった。

昔は効果を感じられなかったけれど、今なら効果があるので?」と思ってアマゾンでポチってみた。

ベビーフットは「30分コース」「60分コース」「メンズ用」と3タイプあって私は「60分コース」を購入。

ビニールで作ったペラペラの長靴に薬剤を入れ、60分足を浸す。時間になったら足を洗って終了。数日から1週間後に足の角質がボロボロ剥けてくる。

お風呂上がりにベビーフットをはいて「より密着させた方が良い」と書いてたので、靴下の上からはく温かい靴下をはいた。足がじんわり温かくなって、ちょっぴり刺激を感じつつ60分が過ぎ、足を洗って終了。

「こんなことで足の角質が綺麗になるのかな?」と半信半疑だったけれど、ベビーフット直後の足の裏はなんだかビニールの表面のようにツルッとしただけで、剥けそうな雰囲気はまったくなかった。

変化が現れたのは3日後くらいから。足の皮がボロボロと剥けはじめたのだ。最初はゆっくり…そして「もはや脱皮!」くらいの勢いでボロボロと皮が剥けて5日ほどでおさまった。

……当然だけど足の角質は綺麗になった。もう使用前と使用後とでは別の足…くらいの勢い。せっかく足の裏が綺麗になっただからこまめにクリームを塗ってメンテしていきたいと思う。

そして体組成計も無事に体脂肪率を測ってくれるようになった。

足の角質でお悩みの方には「ベビーフット」をオススメしたいけれど、肌が弱い人には合わないかも知れないので「是非」とは言わない。一応、パッチテストも入っているので「使ってみたい」って場合はパッチテストをしてからの使用して戴きたい。

そして足の皮が剥けるのは楽しいのだけど、素足でいると足の皮で室内が汚くなっちゃうので足の皮が剥ける期間は靴下必須ですよ…ってことも付け加えておく。

ベビーフット、買って良かった!

「自分の足はこんなもん」と角質ガサガサ状態を受けて入れていたけれど、こんなに綺麗になるなんて。お見苦しい足の裏のことなのでビフォーアフターは写真に撮っていないけれど「試してみたい」って方は自分の足で試して戴きたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で