読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

今年のお盆休みはどうしようか問題。

記事内に広告が含まれています。

コロナウイルスの勢力がおさまらない中、今年もお盆がやって来てしまう。

私も夫も実家が大阪なのでお盆休みと言っても帰省する必要はない。お盆休みに夫の実家に行くと、お墓参りをして外食をするのが恒例行事になっている。私の実家の場合、お参りは私達家族だけで行って母に報告。実家の家族と外食するのが恒例行事。

義母も実母も「お盆休みの外食」を楽しみにしているので、今からちょっぴり頭が痛い。

「そこまで心配しなくても大丈夫」と言う意見もあるだろけど、高齢者を連れて外食する気にはなれないのだ。

コロナ自粛がはじまってからと言うもの、我が家は本当に外食していない。

もともと我が家は家で食べる派なので外食なんて滅多にしないのだけど、それでも外出したらお昼はすき家だの、サイゼリヤだので外食していたし、娘の習い事の用事の帰りに家族で外食…なんてこともあった。

私は貧乏をこじらせたことのある人間なので、鳥貴族でもサイゼ飲みでも幸せになれるタイプ。たまに「サイゼ飲みしたいなぁ…」と思うことはあるけれど、今はやるべき時じゃないと思っている。

問題はコロナウイルスに対してイマイチ危機感を持っていない母達のこと。

実母にいたっては、つい先日「私と弟と夫の誕生会をしよう」とて、勝手に焼き肉店に予約を入れて、私と弟から猛反対されて渋々焼き肉をキャンセルしたばかりなのだ。

私も夫も大阪でも居酒屋や飲食店でのコロナ感染が確認されている中、何も好き好んでこのタイミングに外食する必要はないと思っているのだけど、母達は「お盆なんだから…」と外食をゴリ押ししてきそうな予感がする。

夫と協議した結果、義母には「テイクアウトの鰻弁当を用意するから、今年はみんなで鰻を食べよう」と提案し、実母には「くら寿司のテイクアウト&一品料理を用意するから家で食べよう」と提案することになった。

母達だけかも知れないけれど、高齢者って「予定を変更する」ことに対して猛烈な抵抗感を持っている気がする。毎年やっていることは絶対にやらないと気持ちが収まらないことが多い。

母達がすんなり納得してくれると良いのだけどなぁ。

明日は義母の様子を見に行く日なので、まずは義母を説得してこようと思う。義母の好物の鰻の提案に乗っかってくれると良いのだけどなぁ。コロナの馬鹿。つくづくに嫌になっちゃう。

【追記】義母はお盆の外食中止に同意してくれました。うなぎ弁当をテイクアウトして夫の実家で食べることに。帰省してくる人が多い(だろう)お盆週間中のお墓参りも中止。お墓参りは別のタイミングにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で