読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

祝われてる感の凄い卒業式。

娘の卒業式が無事に終わった。

コロナウィルスの対策として学校は一斉休校。娘達は同級生と別れを惜しむこともなく、唐突に小学校生活を終えてしまった。

卒業式については地域によって対応が違っていたようだけど、私の住む自治体では「休校は行いますが卒業式と入学式は縮小して開催します」と言うことになっていた。

……とは言うものの。地元でもコロナウィルスの感染が確認。感染者は成人だったのだけど「もし子どもに感染が確認されたら卒業式中止もありえる」とのことだったので、卒業式当日までずっとドキドキしていた。そんな状況だったので、卒業式の朝は本当に嬉しかった。

娘の小学校の卒業式はこんな感じで行われた。

  • 国歌斉唱
  • 校歌斉唱
  • 卒業証書授与
  • 校長先生の祝辞
  • 卒業生の歌と言葉

来賓やPTAの祝辞、祝電の読み上げ、在校生の言葉等は全てカット。小じんまりとした式だったけれど、来賓やPTAの祝辞なんて、子どもはロクに聞いていないのだし、あれで十分だったと思う。

そして式を終えて卒業生退場。

娘の小学校では卒業生が退場する時、在校生がリコーダーで『威風堂々』を演奏して送り出すことになっている。どうやら5年生が『威風堂々』を演奏するのは小学校の伝統らしく、娘も5年生の時に演奏したし、低学年の子達も「自分達も5年生になったら『威風堂々』を練習するんだ」と意識しているみたい。

…とは言うものの、退場する時に音楽がなくても問題はないし、どうしても何か曲を流したいなら適当なBGMを流せば良い訳で、何か卒業っぽい曲を流すのだろうな…と思っていたら、先生方がリコーダーを構えて『威風堂々』を演奏したのだから驚いたのなんのって。

突然の休校措置で先生方はただでさえ忙しかったと思う。そんな中リコーダーを練習して、演奏してくださるなんて!

大人が揃ってリコーダーを演奏する光景はなかなかのものだった。Twitterにアップしたら絶対にバズったと思う。(もちろん誰もそんなことしなかったけど)

先生方のリコーダー演奏は全力で卒業を祝ってもらっている感じが伝わってきて、親としてはこれ以上なく嬉しく思った。素晴らしい卒業式をしてくださった先生方には心から感謝の気持ちを捧げたい。

無事に娘の卒業式を終えることが出来て肩の荷が降りた気がする。

コロナウィルスの騒動がはじまってからイレギュラーな事や体調不良が重なって、保育士試験の勉強が疎かになってたけれど卒業式も終わったことだし、これからは気持ちを入れ替えて保育士試験に向けて勉強していこうと思う。

タイトルとURLをコピーしました