読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

コロナスストレスの中で夢想する。

コロナウィルス対策のおかげで地味にストレスが溜まっている。

  • 自宅軟禁中の娘への気疲れ
  • 昼食に手抜き出来ない
  • 週末にお出掛けし難い
  • マスクが買えない
  • パート先で時短勤務を言い渡される
  • 時短勤務だけど仕事山積み

どれもこれも些細なことばかりだけれど、ボディブローのように地味に効いてくる。

理屈ではちゃんと分かっているのだ。今は我慢の時だってことくらい。爆発的に患者が増えた国も多い中、日本はよくやっていると思う。でも現在行われている対策に「納得出来ているか?」と聞かれたら頷くことが出来ないのだ。

流石に「オリンピックなんてやってる場合じゃいなよなぁ…」と思っていたら、IOCのバッハは会長も「WHOに求められたら諦めるしかない」なんて事を言い出している。

正直、そろそろ日本も諦めているんだろうな…と思っていたけど、先日の安倍首相の会談では「オリンピックの中止は考えていない」とのこと。「どうせ駄目なら早く決断してあげなよ…」みたいな気持ちになってしまった。オリンピックに向けて動いている選手や関係者は一刻も早く言ってくれる方が助かるだろうから。

そんな中…ふと、こんな考えが頭をよぎった。

もしかしてだけど……もしかしてだけど、すでに日本はコロナウィルスに対する新薬を開発していたりする? まだ発表出来る段階にないので、安倍首相は、のらりくらりと引き伸ばしているのでは? 実のところオリンピック開催に向けての勝ち目はあるんだけど裏で「あと少しだけ発表を待って欲しい」的な話があるのでは?

『忠臣蔵』の大石内蔵助は昼行灯と見せ掛けて、裏で着々と敵討ちの準備を勧めていたではないか。『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーだって、いつもノラリクラリとしていたではないか。

「大義のために私情は殺す」的な設定、物語の中ではお約束。お仕事小説だったりすると、その道のスペシャリスト達の間には深い繋がり(実は幼馴染とか!)があったりして、互いに支えあいながら大義に向かっていく…みたいなアレだよ、アレ!

……と言う話を夫に語って聞かせたら「なんか知らんけど、楽しそうに生きてるなぁ…」と呆れられてしまった。

分かってる。でもそれくらい馬鹿なことを考えてしまうほど、現実に嫌気が指していると、早くどうにかならないかと思っているのだ。オリンピックだって裏では中止に向けて動いているのだろうし「開催する方向で~」なんて言うのは建前で、コロナが終息するにはまだまだ時間がかかると思う。

もうこうなってくると、私の好きな作家さん達が日本を舞台にしたパンデミック小説を出してくれることを楽しみにするしかない気がしてきた。桐野夏生はすでに書きはじめてるんじゃないの? 池井戸潤も狙ってる?

「真実は小説より奇なり」を地でいくような、痛快で衝撃的な解決法が見つかって欲しいと思っているけど、それが無理であったとしても、日本文学史に残るような、面白いパンデミック小説が生まれることを期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました