Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

羆嵐 吉村昭 新潮文庫

私は吉村昭の書く文章にゾッコン惚れこんでいるのだと思う。痺れてしまった。ゾクゾクしてしまった。ときめいてしまった。

多くの男性作家さんの中で、心の父と慕い敬愛しているのは遠藤周作だけど、恋人のように思っているのは吉村昭なんだなぁ……と今更ながらに気が付いた。

吉村昭…素敵過ぎる……なので、身贔屓入りまくりの感想しか書けそうにない。

スポンサーリンク

羆嵐

created by Rinker
新潮社
¥562(2019/09/15 14:33:32時点 Amazon調べ-詳細)
ザックリとこんな内容
  • 1915年(大正4年)に北海道苫前郡苫前村三毛別六線沢 (現在の苫前町三渓)でヒグマが開拓民を襲った三毛別羆事件をモデルにした作品。
  • 北海道苫前村六線沢の島川家をヒグマが襲い、2人を殺害する。
  • ヒグマは2人の通夜の席にも現れ、さらに隣家に侵入し子供や妊婦を殺害した。
  • 凄腕の猟師山岡銀四郎とヒグマとの戦い。そして戦いの果に…

感想

北海道開拓を志した人々と、人を喰らう羆、そして、それを追うマタギのドキュメンタリ小説。

あいかわらず贅肉をそぎ落とした文章が素敵だった。地味で控え目。読者に媚びない潔さがたまらなくダンディ。

しかしこの作品で何よりも印象に残ったのは「野生の熊は恐ろしい」という1点に尽きる。

本気で恐かった。そんじょそこらのホラー小説や、ミステリー小説よりもずっと恐かった。

北海道で暮らす倉本聡が解説に「いやな物を読んでしまった」と書いていたけれども、私だってその土地に暮らしていたら、そんな風に思っただろう。

較べちゃ駄目だとは思うのだけど、少し前に熊谷達也のマタギ小説『漂泊の牙』読んで「なんだか物足りないなぁ」と感じたのを思えば雲泥の差ともいえる迫力だった。

淡々とした文章と、冷たい視線が恐ろしさを増幅させていて、最初から最後まで、いっきに読んでしまった。

作者の作品の中でも、私の中では上位入賞クラス。作者は「対人間」の話を書くのが上手い人だけど、こういう作品もいいなぁ……と思った。

吉村昭の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました