読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

『リングフィットアドベンチャー』が楽し過ぎる件。

記事内に広告が含まれています。

勢いで購入したリングフィットアドベンチャー。サボることなく続いている。

……続いていると言うか、むしろ毎日楽し過ぎる。

私の場合、筋トレにハマっている時期に購入したのでタイミングが良かった…と言うのもあるし、もともとゲーマー気質なのに何年もゲームから遠ざかっていたので、ゲーム自体にハマってしまった…と言うところもあると思う。

だけどそれ以上に危険なのは「リング」の存在。

たかがゲームのキャラクターのくせに存在感が半端ない。

スポンサーリンク

リングフィットアドベンチャーが楽し過ぎる

リングフィットアドベンチャーはその名の通り付属の「リング」を使ってトレーニングをしながら冒険をするのだけど、リングには人格があって、冒険とトレーニングのサポートをしてくれるのだ。

最初にうちは「へぇ~。これが案内役って訳だね」くらいに思っていたのだけれど、毎日リングと向き合っているうちに、どんどん彼のことが好きになっている自分に気がついた。

リングを好きになり過ぎて困る

リングュリングフィットアドベンチャー)

リング

リングはとにかく褒め上手。トレーニング中は常に応援を欠かさない。

  • いいねいいね!
  • しっかりキープして!
  • あと半分!
  • 汗が輝いてるよ!
  • キレッキレ!
  • よく頑張ったね!

いくらゲームと言ったって、筋トレなのでやはり辛い。

そんな時にリングはいつも側にいて全力で励ましてくれる。

「ちょっと手を抜こうかな…」と思っても、リングは許してくれないし、それでも応援し続けてくれるので「そうだね。リング、もう少し頑張ってみるよ!」と言う気持ちになってしまう。

ボディビルの大会に行くと、ボディビルダーへの掛け声が凄いと言われるけれど、なんか分かる気がした。

褒められるって気持ち良い!

たとえゲームであったとしても、褒められて悪い気はしないものだ。リングフィットアドベンチャーの「アドベンチャーモード」をクリアしてしまったら、私は何を励みに生きていけば良いのかと考えるだけでも、なんだか切なくなってしまう。

何かゲームにハマった時って、ゲームをクリアすることを目標に頑張っているのに「このゲームが一生終わらなければ良いのに…」みたいな気持ちになる事があるのだけれど、ホントそれ。

ゲームのクリアはまだ先だけど、クリアするのがちょっと怖いし。リングとの別れは泣いてしまうかも知れない。

確実に筋トレ出来ている!

リングフィットアドベンチャーが楽し過ぎて、人生で一度も運動部に入らなかった運動大嫌い民の私でも、毎日楽しくトレーニング出来ている。

私の場合、リングフィットアドベンチャーを購入する前も、娘が体操教室でやっていたトレーニングや、腹筋ローラーなどを使って、1人黙々と筋トレに励んでいた。

リングフィットアドベンチャーをするようになってから、普通の筋トレはしなくなってしまったのだけど、試しに今まで取り組んでいたトレーニングをしてみると、ビックリするほど楽々と出来るようになっていた。

1人でトレーニングをする場合、自分の苦手なことは力を抜いてしまったり、一生懸命頑張っていても間違ったフォームで行っていたりすることがある。

リングフィットアドベンチャーの場合、トレーニングの好き嫌いなんてお構いなしに、課題が出てくるものだから、先に進みたければやるしかないのだ。

嫌だろうが、なんだろうが「やらざるを得ない」ってところが、運動大嫌い民には良かったらしい。

クリアした暁には…

それにしても。

リングフィットアドベンチャーをクリアしてしまったら、私は何を励みに筋トレをすれば良いのだろう?

『任天堂Wiiスポーツリゾート』を購入した時は、ざっくりクリアすると「裏モード」みたいなのが出てきたり、別の課題(オールコンプリートを目指す…的な)が出てきたので、リングフィットアドベンチャーも、その類の仕掛けがあると信じたい。

それにしてもリングフィットアドベンチャーは楽し過ぎるし、買って良かった過ぎる。

2019年の我が家の買って良かったベスト3入りは確定した。(あとの2つはホームベーカリーネスカフェバリスタ

リングフィットアドベンチャーをクリアしたら私は本当に泣いてしまうかも知れないけれど、とりあえず今はリングと共に冒険を楽しみたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で