読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

閉鎖病棟 帚木蓬生 新潮社

『閉鎖病棟』は色々な意味で正統派っぽい作品。やたらと骨が太い印象を受けた。「文学って、こういう作品のことを言うのだよなぁ」となんとなく思ってしまった。

精神病院の「閉鎖病棟」で暮らす人々を描いた作品なのだが、ちょっと読むのが辛かった。

作品的に、どうこうではなく、私の個人的な経験から。

鬱病で自殺した祖母が、半閉鎖病棟を出たり入ったりしていた時期があり、私自身も閉鎖病棟のことはよく知っている。

なので『閉鎖病棟』を読んでいたら、当時の事やそこで出会った人々のことを思い出してしまった。

スポンサーリンク

閉鎖病棟

created by Rinker
新潮社
¥737(2020/02/23 16:37:26時点 Amazon調べ-詳細)

とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった……。

彼を犯行へと駆り立てたものは何か? その理由を知る者たちは――。

現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。

アマゾンより引用

感想

かつて、私の祖母が入院していたのは総合病院の神経科だったので、閉鎖病棟といっても、この作品に登場する形とは違っているとは思うのだが、やや昔風な病院の描き方が鼻についた。

時代背景もあってのことだから、ひとくくりには語れないのだけれど、作品の中では一般の人が抱きがちな「怖い精神病院」「嫌な精神病院」がクローズアップされているように感じられた。

帚木蓬生は、元・精神科医だけあって、精神を患っている人の描き方は容赦がない。

読んでいて悲しくなってしまうほど、赤裸々な感じだった。

自分の身近に精神病を患っている人が読むには、ちよっと辛いんじゃないかと思った。だが「自分達の見ている世界だけが世界の全てではない」ということを知る上においては、優れた作品だと思う。

小説としては面白い類だと思うが、あえて難癖をつけるならば、作品の長さの割に登場人物が多過ぎる……ということだろう。

閉鎖病棟に入院している患者が沢山登場するものの、人数が多いので1人1人の書き込みはアッサリしていて、内面まで掘り下げられていない印象を受けた。

その上語り口が平坦なので、読んでいる途中でだらけてしまった。

閉鎖病棟という独特の場所を表現するのに、あの語り口は必要だったかも知れないけれど、私には少々ダルかったが、ちょっとした言い回しが素敵で嫌いにはなれない。

『殻をはぎとられた剥身の貝のように、あらゆる刺激が五感に突き刺さりました』なんて語りかけられたら、降参してしまうしかない。

ラスト近くにあった秀丸さんの手紙が最高に好きだ。

手紙というものは本来、自分の気持ちを相手に伝える手段なんだよなぁ……なんて当然のことを、しみじみ思ったりした。

秀丸さんの気持ちが痛いほど伝わってきて、鼻の奥がツンとした。

色々な意味において小説らしい小説だし、面白い作品だと思う。愛とか友情って、なんてややこしいんだろう……と思ってしまった。

【追記】『閉鎖病棟』は2019年11月に映画が公開されるそうです。予告編を観る限りでは原作から感じた「昔風の怖い精神病のイメージ」は感じられないので、もしかすると映画の方が取っ付きやすいかも知れません。ちなみに主人公の秀丸さんは笑福亭鶴瓶師匠。映画『閉鎖病棟』公式HPはこちら

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました