Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

冷静と情熱のあいだ Blu 辻仁成 角川文庫

江國版をイマイチ好きになれなかったので、ノリ気ではなかったのだが赤と青が一対になって出来たコラボレーション作品なので、やっぱり読んでおかねばな……と手に取ってみたが、こちらはけっこう楽しめた。

江國主人公が「変質したが変化しない人」だとすれば、こちらの主人公は「変化したが変質しない人」なのだと思う。その辺がツボだった。

スポンサーリンク

冷静と情熱のあいだ Blu

あのとき交わした、たわいもない約束。10年たった今、君はまだ覚えているだろうか。やりがいのある仕事と大切な人。今の僕はそれなりに幸せに生きているつもりだった。だけど、どうしても忘れられない人、あおいが、心の奥に眠っている。あの日、彼女は、僕の腕の中から永遠に失われてしまったはずなのに―。切ない愛の軌跡を男性の視点から描く、青の物語。

アマゾンより引用

感想

江國版で苦戦した「イタリア設定」だったが、この作品では、すんなり溶け込むことができた。

主人公の職業が私にとっては魅力的だったのだ。古い絵を現代に、そして未来へと繋ぐ「絵画修復師」という職業は、それだけでも「読んでみよう」と思ってしまう。

……要するに私は絵画が大好きだってだけのことなのだが。

主人公の悩みや成長過程と、その職業が良い感じでマッチしていたように思う。こりゃ上手すぎる。座布団十枚。

この職業の主人公が住む街はイタリアでないといけない。(イタリアに限らずヨーロッパならOKなのだが)主人公が日本に住んでいたら、こういうドラマは生まれなかっただろうと思う。

それに登場人物の世代がバラエティに富んでいたのも良かった。

そういえば辻仁成の作品は4~5冊読んでいるけれど、脇役の使い方が上手いように思う。

主人公以外の人物にも味わいがあると言うか。こっそりと活躍する高齢者の描写が素敵だし。主人公の祖父の役どころは、ちょっと素敵過ぎ。

当て馬役の芽美には同情してしまったが、彼女もまた強く生きていくだろうという予感がする。

ちゃんとしたオチがある訳ではないのだが、救いのある雰囲気が良かった。一応、2冊でワンセットということだが、まったく別物として読んだ方がいいと思った。

辻仁成の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました