Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

よだかの片想い 島本理生 集英社

顔に大きな痣を持つ女子大生の恋を描いた恋愛小説。久しぶりにキュンキュンしてしまった。41歳のオバサンがこんなにときめいてしまうだなんてビックリだ。

この作品は「恋愛小説」って事で押しているけれど、どちらかと言うと成長小説とか青春小説のくくりに入れた方がしっくりくると思う。

主人公がすっごく良い恋をして成長する話なのだ。

顔に痣があるというコンプレックスを持った主人公のジメジメした話かと思っていたのだけれど、ジメジメしていたのは最初だけで主人公を全力で応援したくなるようなそんな話だった。

スポンサーリンク

よだかの片思い

ザックリとこんな内容
  • 主人公は顔に目立つ大きなアザがある大学院生
  • 恋や遊びからは距離を置いて生きていた主人公が「顔にアザや怪我を負った人」をテーマにした本の取材を受け、本の表紙になる。
  • 本が映画化されることになり、主人公は監督に恋をするのだが…

感想

欠点をあげるとするならば、主人公が「良い子」過ぎるところだろう。

オバちゃんはもし職場にこんな可愛い子がいらた、全力で可愛がってしまう自信がある。主人公を指導する年配の教授が主人公を可愛がるのは当然のことだと思ってしまった。

物語の主人公をこんなに可愛いと思ったのは久しぶりかも知れない。もし、この作品が朝の連続テレビ小説になったら、毎日録画して愛でると思う。それくらい可愛い。

恋愛小説としても良かった。

世の中に出回っている恋愛小説って、主人公が恋愛エリートである場合が多い。悲恋に突入していったり、不倫に踏み込んでいったり。「だって好きなんだもん。それの何が悪い?」と言うような開き直りが出来る人達の独壇場という印象さえある。しかしこの作品は違う。

主人公は決して恋愛エリートではなく、むしろ恋愛下手で臆病だ。そんな臆病な子が恋を知ることで人間として大きく成長していくのがこの作品の面白さだと思う。

ちなみに。恋愛自体は「まぁ、そんなもの」な感じで、特にどうってものではない。

どちらかと言うと恋愛下手な人の方が共感出来る作品ではないかと思う。

私にはグッっときてしまった。久しぶりに気持ちの良い恋愛小説に出会えて嬉しくなった1冊だった。

島本理生の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました