Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

負け犬の遠吠え 酒井順子 講談社

「子無し独身の30代女性」を「負け犬」と定義し「負け犬」の生態を観察し「負け犬」の生き方や、今後の生活を考えるエッセイ。なかなか面白くて電車の中で笑ってしまったほどだ。だが読了してみての感想は「6割5分くらいは面白かったな」という印象。残りの3割5分は視野の狭さと、ひとりよがり感が強かった分だけ減点させてもらった……という感じ。

面白かったのは「私の生活を覗いたの?」というくらい「負け犬」の生態が自分のそれと重なっていたところ。作者の定義によると、負け犬は目先の楽しさばかりを追い求める傾向にあり、勝ち犬(既婚女性)は長期展望で、物事を見据える能力に長けているとのこと。細かい判例がいちいち、なるほど納得で、私自身が負け犬なのも、私の周囲にやたらと負け犬が多いのも肯けたが、オスの負け犬の分析と、作者の持つ負け犬(女性)への偏ったイメージは、あまりにも酷いように思った。

オスの負け犬の代表に「2次元の物にしか恋できないオタク」を挙げていたが、オタク女としては、どうにも説得力に欠ける気がした。作者はオタク文化に通じていないのだろう。オタクの祭典(通称、イベント)へ行ってみれば、そんな発想はできないと思うのだ。なぜならイベントでの男女比は6:4くらいの割合で、女性の方が多いと思われる。だいたいからして、オスの負け犬は、オタクか、マザコンか、駄目男という発想はどうなんだろうなぁ。

そして、負け犬は収入も良く、仕事もできて、知的で、小綺麗で、人付き合いが上手い人が多い……と言う設定もイマイチ承服できない感じ。負け犬の一員として思うに、収入も低く、仕事もたいしたことがなく、頭も悪く、見た目もイマイチで、人付き合いだって駄目な独身女性は、もしかすると負け犬未満ということだろうか。おおっ。こんなことを書いていると自分が悲しくなってくるではないか。

思うに、この本は書店で平積みされている1400円のエッセイ本を「面白いかどうか分からないけど、とりあえず買ってみようかな」というノリで本を買ったり、巷で評判だし、アマゾンに注文してもいいかな……なんて人に向けて書かれたものなのだと思う。なので、とても世界観が狭く定義も狭い。

そして女性の負け犬は男性の負け犬よりも優位である……というノリや、あるいは、ゲイ・レズに対してフレンドリーさをアピールしつつ、何気に冷ややかな視線があるところがあり「仕方ないから付き合いはするけど、じつは好きじゃないのよね」というような排他的な雰囲気も好きになれなかった。あれでは読者に対して「だから子供を産んだことのない独身女性は……」なんて印象を与えてしまうのではなかろうか。面白い文章なだけに、なんだかもったいないような気がした。

作者は、この作品はラストで「負け犬」達にエールを送っているが、私もこの場所からエールを送ろう。「負け犬」にさえなりえなかった、駄目駄目で、控えめで、ひっそり生きている独身者達に。負けっぱなしでもいい……ひそやかに、そして逞しく生きていきましょう…と。

どうでもいい話だが、このテの本を新品で買ってしまったことに、みょうな敗北感を感じてしまった。我ながら、なかなかの負けっぷりだと思った1冊である。

負け犬の遠吠え 酒井順子 講談社

タイトルとURLをコピーしました