読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

新しい季節。新しい元号。新しい環境。

娘が体操を辞めて1週間が過ぎた。

2年間夢中で取組んできた事がなくなってしまうと、色々と問題が出てくるのではないかと心配していたけれど「体力を持て余し気味で困る」って事以外、心配するような事は何もなかった。

「子どもは順応性が高いからいいけど、親の私の方が体操ロスになってしまうかも知れない…」と密かに心配していたけれど、私も案外平気だった。

もしかしたら片付けに夢中で慌ただしくしていたのが良かったのかも知れない。

家の中滞っていた体操の気配がなくなって、代わりにネスカフェバリスタがやってきた。

さらに言うなら、娘の春休みが終わったら本格的にパートを探そうかと思っているので、求人チェックが忙しい。フルタイム勤務が出来るのであれば時給の良いCADの仕事に戻りたいけど、今はまだフルタイム勤務をするには抵抗がある。

考えが甘い…と言ってしまえばそうなのだけど、娘が小学校のうちは出来るだけ家にいてやりたい。

この春休み。うちは子ども達のたまり場のような状態になっているのだけど、それも私が専業主婦で家にいるから出来ること。

そういう意味では「パートに出ちゃうと夏休みも家で好き勝手遊ばせてやれないんだなぁ…」と思ったりして、ちょっぴり心がグラついている。

……と言う訳で。私も体操ロスに陥る事なく毎日元気で過ごしている。

体操を辞めようかどうしようかと親子であんなに悩んでいたのが嘘みたいだ。「憑き物が落ちたような」なんて表現があるけど、まさにそれ。人はすぐに慣れる生き物なんだな…と感心されられる。人は変化を恐れちゃいけないのだ。

そして昨日、新しい元号が発表された。

いいじゃないの「令和」。

今はまだピンとこないけれど使っているうちに慣れるだろう。

新しい季節。新しい環境。新しい元号。春からも色んな事に頑張っていきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました