読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

意識低い系の人間。

記事内に広告が含まれています。

娘が体操を辞めたので私の生活にゆとりが出来てしまった。

今まで、親の事と娘の体操のお付き合いだけで毎日がイッパイイッパイだったので「仕事をするなら絶対在宅」と心に決めていたけれど、この調子ならパートに出るのも夢じゃない。

近所の仲良しに「パートに出ようかと思うので仕事を探している」と言う話をしたところ「パートも良いと思うけれど、この機会にやりたい事をやっとくのもアリだよ。ずっと我慢していた事とか、やってみたかった習い事とか無いの?こう言う節目は大切にした方がいいよ」とアドバイスを受けた。

私、現在46歳。この機会に立ち止まって自分を見つめ直してみるのはアリかも知れない。

私達の世代は定年自体が65歳になるかも…みたいな流れになっている。これから仕事に就くとしてもザックリ20年は働ける…ってことだ。20年働くとか信じられないのだれど、これが現実。

そして、ふと自分を振り返ってみて愕然とした。

私、ずっと我慢していた事とか、やってみたかった習い事とか何もない!

改めて勉強したいとか言う欲もない。

……なんと意識の低い事か!

そりゃあ「やってみたかった習い事」がまったくないと言えば嘘になる。

手慰みにスーパーの花を生けながら「ガッツリ盛り花とか、お流儀とか生けたいなぁと」と思う事はあるけれど「本気で生け花に取り組みたい!」というような高い志は全くないのだ。

仕事にしてもそうだ。

私は「自分を生かせる仕事に就きたい」とは思っていない。イザ仕事をはじめたら頑張って働くつもりだけれど「私も輝きたい」と言う欲もなければ「世の中の役に立ちたい」と言うような熱い思い持ち合わせていない。

歳を重ねても高い志を持って生きている人って凄いなぁ。

私が小説や漫画や映画を楽しむ中で「ドラマティックな話」が好きだったり「心熱い人」が好きだったりするのは、自分とは違った物を求めているからなのかも知れない。

「ドラマティックに生きたい」なんて贅沢は言わない。私も志の高い人間になりたい!

問題はその「志」が私の中に無いってことだ。私はこれからも意識低い系の人間として生きていくしかないのかも知れないな…なんて事を思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で