Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"梨木香歩"

f植物園の巣穴 梨木香歩 朝日新聞出版

もしかしたら、私は作者の作品と相性が悪いのかも知れないと思った。『西の魔女が死んだ』を読んだ時は「これは素晴らしい!」と絶賛したが、それ以降の作品は「すごく綺麗だし、ストイックで良い作品なんだけど、なんだかなぁ…」と、どうにも腑に落ちないと...

家守綺譚 梨木香歩 新潮社

「日本人っていいなぁ」と思わせてくれるような気持ちの良い読み物だった。時は明治時代。貧乏文士が亡き親友の家の「家守」として暮らす日々を描いた作品。河童や人魚、小鬼など「ちょっと不思議な日本」がテーマになっていて、水木しげるの漫画だの、波津彬...

村田エフェンディ滞土録 梨木香歩 角川書店

時は1899年。トルコ政府の招聘によって考古学の研究にトルコに滞在している主人公(村田)の周囲に起こった物語。なんとなく実録風だが、あくまでも小説。ちなみに題名のエフェンディとはトルコの言葉で学問を修めた人への敬称とのこと。 主人公は...

丹生都比売 梨木香歩 原生林

これはちょっと肩透かしとしか言いようのない作品だった。草壁皇子を描いたファンタスティックな小説で、私がもっとも苦手とする「口当たりが良くてフワフワと軽い、なんちゃってファンタジーの世界」だったのだ。文章は綺麗だし、それなりにまとまっているの...

エンジェル エンジェル エンジェル 梨木香歩 新潮社

作者の作品は、そこそこ数を読んできたけれど、この作品が1番好きだ。題名のイメージから「女性向けのフワフワした口当たりの良い作品だろう」という思い込みから、いままで避けていたのだけれど、良い意味で裏切られてしまった。 表面的には乙女ちっ...

沼地のある森を抜けて 梨木香歩 新潮社

ちょっと不思議な雰囲気のある作品だった。いしいしんじのような、薄井ゆうじのような。舞台は現代日本なのだけれど、ちょっとファンタジー色が入っている。非常に女性らしい作品だった。「糠床から人が出てくる」なてん発想は、男性には出来ないのではなかろ...

春になったら苺を摘みに 梨木香歩 新潮文庫

この作者の作品は『西の魔女が死んだ』しか読書録には書けていないのだけど、まぁそこそこに読んでいて、毎度のように「この人の書くものって、外国の少女小説の匂いがするなぁ」と思っていたのだけれど、このエッセイを読んでその謎が解けた。作者は海外生活...

西の魔女が死んだ 梨木香歩 新潮文庫

『西の魔女が死んだ』は、ちょいと前に、この日記の掲示板で「生きると死ぬってなんですか?」というテーマで盛り上がっていた時何人かの方が「お気に入りの1冊」だとおっしゃっておられたのでせっかくの機会にと、読んでみることにした。 ジャンル的...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

切腹考 伊藤比呂美 文藝春秋

私はWEB上で本の感想を書くようになって、けっこう長いのだけど地雷作家と言うか「感想が書き難い作家」がいる。 作家自身がどうのこうの…って訳ではなくて正しくは「面倒臭いファンががついている作家」って言った方が良いのかも知れない。江國香...

をちこちさんとわたし 小島水青 中央公論新社

なんだか掴みどころの無いフワフワした読み物だった。題名の「をちこちさん」は感じで書くと「遠近さん」となる。主人公で一人称の「わたし」の正体が最後まで分からず、分からないまま読み進める必要があって非常にもどかしく、読む人を思いきり選ぶ作品だと...