Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"宮澤賢治"

銀河鉄道の夜 宮澤賢治 新潮文庫

10数年前にアニメ映画化され時、登場人物が「猫」に置き換えられていたので『銀河鉄道の夜』というと2本足で歩く猫を連想する人も多いようたが、この作品の登場人物は、まぎれもなく人間の少年である。もっともファンタジー要素が強いので等身大の少年では...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます。 あ行 あ行の作家一覧 あ ...
日記

子どものためのお茶会。

日曜日は古い日本邸宅を利用した資料館が主催する『子どものためのお茶会』に参加してきた。 『子どものためのお茶会』に参加するのは今年で2回目。昨年参加した時、娘は「お抹茶って苦いね」と言っていたし、なんだかんだ言ってアウトドア派の娘には...

宮沢賢治に聞く 井上ひさし 文春文庫

宮澤賢治を大好きな人達が、よってたかって賢治を語ったファンブックである。宮澤賢治は多くの人によって語られたり研究されているのでいまさら新しい発見はないようなものなのだが好きな者同士が集って、好きな人のことを語る楽しさがあり宮澤賢治好きな方に...

いしいしんじのごはん日記 いしいしんじ 新潮社

それほど良い作品だとも思えないのだけど、何故だか、しっくりと馴染んでしまった。あまり気に入ったので、読みえた直後に最初のページへ戻ったくらいだ。行きつ、戻りつ何度も読むほど訳もなく気に入ってしまった1冊。 田舎びた海辺の街で、ゆっくり...

ぶらんこ乗り いしいしんじ 新潮文庫

面白過ぎて興奮してしまった。私はこれから作者のことを「暗黒童話屋」と呼ぶことにする。ひらがなが多目で、やさしい文章を書くのに、実はかなり暗いのだ。暗いだけなら、まだしも切なくて恐い。宮澤賢治だの、小川未明だのといった作家さんと同じ空気を感じ...

麦踏みクーツェ いしいしんじ 理論社

なにげに……宮澤賢治の持つ雰囲気と似ているような気がした作品だった。時代背景の分からなさ加減だの、登場人物の変な言葉遣いや突飛な行動だの。ファンタジーや童話が苦手な人だったら、読むのが苦痛じゃないかと思われる。私などファンタジーや童話が好き...
本の話

賢治に対する執着心

宮澤賢治が好きだ……とずっと思っていた。だが、最近になって「私は宮澤賢治が好きなんじゃなくて『銀河鉄道の夜』という作品だけが好きなのかも知れない」と思うようになってきた。よくよく考えてみると、賢治の作品に精通している訳ではないのだ。有吉佐和...