Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ゆるキャラグランプリ2018に行ってきた。

ゆるキャラグランプリ2018に行ってきた。

私は特にゆるキャラファン…って訳ではないのだけれど、関西初開催。しかも大阪に来ると言うなら話は別だ。ついでに言うならゆるキャラグランプリ2018の開催地である花園中央公園は我が家から自転車で行けなくもない場所(自転車で行くと言うと間違いなくドン引かれる距離)なので、サイクリングがてらお出掛けするには丁度良いかな…と言う発想。

ゆるキャラグランプリの入場料は前売りで大人500円。子ども200円。再入場可能でその気になれば1日中楽しむことが出来る。我が家は午前中の比較的早い時間に出かけたのだけど、それでもけっこうな賑わいだった。

ゆるキャラ達のPRステージを見たり、個別ブースでゆるキャラ達と写真を撮ってもらったり。

今回のゆるキャラグランプリは組織票云々の黒い噂があり、当日の雰囲気はどんな感じなんだろうと心配していたけれど、まぁ…なんと言うのか。

組織票があろうとなかろうと、一般人は正直なもので、人気のくまもん、ちぃたん等の人気のゆるキャラには人が殺到していたし、それほどでもないゆるキャラはそれなりな感じ。

黒い噂の「こにゅうどうくん」たまたま良い感じで写真が撮れました。くまもん、ちぃたんは沢山の人にもみくちゃにされていて、こんな感じでは絶対に撮れません。

大人気のゆるキャラを追うのも楽しいけれど「まぁ、そこそこ人気のあるゆるキャラ」くらいなら、ゆっくり写真を撮れるので子ども達に人気だった。上の写真は大阪府のゆるキャラ「もずやん」と娘。娘の写真は公開出来ないので、いらすとやさんのキャラに代理をお願いしました。

ゆるキャラグランプリの会場は広い芝生が広がっていて、B級グルメの屋台なんかも沢山出てきた。お弁当を持ち込んでいる家族もいたりして、B級グルメを買って食べても良いし、持参した物を食べるのもアリだと思う。

ただ、今回のゆるキャラグランプリ2018の場合、会場内にはアルコールを売っている屋台はあるのに飲み物を売っている屋台等がほとんどなかったので、来年以降、参戦される場合は飲み物は持参した方が良いと思う。我が家はどこへ行くのも水筒持参なので困る事はなかったけれど「お茶が無くなった」と外に買いに行く家族を見掛けた。

今回の、ゆるキャラグランプリで面白かったのは黒い噂のある「こにゅうどうくん」のPRステージに京本政樹が応援に駆けつけてきたこと。思わず動画を撮影してしまった。芸能人の場合、肖像権とか色々ややこしいので、動画はアップ出来ないけれど、京本政樹の応援演説を文字化してみた。

私はゆるキャラじゃあございません。

こにゅうどうくん、ホント大変ですねぇ、師匠。

なんか、あの心配しまして、今日、ホント自分の意思で駆けつけましたけどね。

あの、来てちっょと安心しました。なんかね。みなさん頑張っててね。

いいじゃないですか。みんながみんな頑張って、結果はいいだろう。

こにゅうどうくん、ゴン(こにゅうどうくんを打つふり)グランプリ目指しますけど、でも2位だろうがベッタになろうが、いいじゃないですか。

みんなが地方を活性化して、日本が元気になるように、今日盛り上げてください。

さて。どうして私が京本政樹にこだわるかと言いますと…好きだったんですよ。京本政樹。

私、時代劇育ちですから。京本政樹と言えば『必殺仕事人』の組紐屋の竜! まさか、ゆるキャラグランプリで組紐屋の竜が見られとは! なんと言う私得!

ゆるキャラ業界の黒い噂も気にならなくはないけれど、京本政樹が見られたので「まあ、いいか」みたいな気持ちになってしまった。

ちなみに今回のゆるキャラグランプリでご当地部門のグランプリに輝いたのは埼玉県の「カパルくん」と言うキャラだった。

私は会場に行くまで知らないキャラだったけど、確かに盛り上がっていた感じはある。

おめでとう、カパルくん。ありがとう京本政樹。

ゆるキャラグランプリ2018は予想以上の楽しさだった。大人の事情は色々あるっぽい感じだけど、娘も楽しそうだったし我が家としては良いお出掛けだったと満足している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました