読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

初めてのスポッチャ。初めてのセグウェイ。

先の日曜日。家族でスポッチャに行ってきた。

私は運動が大の苦手でスポッチャなんて行きたくはなかった。しかし、大雨で娘は2日間の休校でエネルギーを持て余していていたし、夫は夫で仕事の関係でストレスが溜まりまくっていて我が家を憂鬱な空気が支配していたので「こりゃアカン。パーッとストレスを発散させなければいけない!」と思い「電車が動くようになったらスポッチャに行こう」と提案したのだ。

スポッチャとはラウンドワンが経営している室内遊戯施設。

卓球、バスケットボール、サッカー、インラインスケート、バッティングセンター、テニス、バドミントン等のスポーツを手軽に楽しむことが出来る。

家族で行くとけっこうなお値段になってしまうため「朝8時までに入場すれば午前中遊び放題」と言う早朝割引を利用した。夫と娘は2人で何度か行ったことがあるけれど、私も一緒に行くのは初めてのこと。朝5時半起床。張り切って出掛けた。

夫と娘は遊び方を心得ているものの、私はスポッチャ初体験。運動なんて大嫌いな46歳のオバサンにはハード過ぎるレジャーだった。特にインラインスケートでは、生まれたての子鹿のように覚束ない様子で滑る羽目に。楽しいと言えば楽しかったけれど「慣れるのに必死」って感じだった。

無心で楽しめたのはセグウェイの体験。生まれて初めてセグウェイに乗った。

セグウェイは私が想像していた以上にスピードの出る乗り物だった。ただ乗るにはかなりコツがいる。「悠々とセグウェイを楽しんだ」と言うよりも「へっぴり腰でどうにかこうにかセグウェイを運転した」って感じ。

セグウェイはなかなか素敵な乗り物だとは思ったけれど、操作性や安全性を考えると玩具の枠を出ていないように思う。しかし、今後はセグウェイを上回る手軽で素敵な乗り物が出てくるのかも知れないな…とは思う。

体育会系の娘となんだかんだ言ってガチ運動部だった夫はスポッチャの中で輝いていた。

スポッチャって「ウェーイ」な感じのリア充が行くことろだと思っていたけど、運動が大の苦手な私でも意外と楽しく過ごす事が出来た。恋人とだったり、友達や家族で無心で遊ぶには良い施設だと思う。

節約レジャー専門の我が家からすると、けっこうな豪遊だったけれど、晴れ晴れとした娘と夫の顔を見て「行って良かったなぁ」としみじみと思った。

……とは言うものの。正直、私は「もういいや」と言う気持ちで一杯だ。

また何かの機会には行く事もあるかも知れないけれど、出来れば父と娘の2人だけで行って欲しい。インドア派のヲタクはスポッチャよりも映画とか美術館の方が好きだ。そして翌日、筋肉痛が半端なかったって事も付け加えておきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました