読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

今年の夏は暑過ぎる。

毎年のように愚痴っている気がするけれど、今年の夏は暑過ぎる。

世の中には「夏は暑くて当たり前なんだ。熱中症だなんだと騒ぎ過ぎだ」と言う人もいるけれど、私が陰気に続けている生活記録によると2017年7月と2018年7月とでは「最高気温が35度を超えた日」の日数が全く違う。

7月1日から7月20日までの期間で最高気温35度を越えた日

  • 2017年→2日
  • 2018年→8日

昨年の夏が暑かったのは本当だけど、今年はもっと暑いっての本当なのだ。日本人は「夏は暑くて当たり前だけど身を守る事を考える必要がある暑さだ」って事をに認識した方が良いと思う。

私はは築49年の狭小住宅に住んでいる。北向きで通気性抜群。冬は洒落にならないほど寒いけど、夏の暑さには強い。

毎年、日中はエアコン無しで過ごしていて夕方になるとエアコンをつけて、寝る時に寝室のエアコンを付ける…って感じで過ごしていた。

だけど今年は無理だった。昼間からエアコンに頼っている。

大げさでなく今年の夏は「元気で夏を乗り切る」事が最大の課題になりそうだ。もう絶対に無理はしないと心に決めた。しんどくて動けなくなる訳にはいかないのだもの。電気代が多少高くなってもイイジャナイカ。パソコン内職が思うように進まなくてもイイジャナイカ。

ただ1つだけ手を抜けないのが食事の支度だ。食べなきゃ身体が持たないのだもの。ここを手抜きし過ぎると、あとで絶対ツケがくる。

だけど「食事の支度」は苦行でしかない。

いくらエアコンを付けたとしても余程のセレブでない限り「台所まで冷え冷え」なんて家はないと思う。煮たり、焼いたり、揚げたりするのに火を使うとどうしても気温が上がってしまう。それに加えて麦茶の量産である。台所仕事からは逃げられない。

もういっそ、3食全部、外食とお惣菜で済ませてしまいたいとさえ思う。もちろん、そんな事が出来ないのは分かっている。家計が持たいない上に身体にも良くない。

うちは3人家族なのにこのテイタラク。家族が多かったり、食べ盛りの男の子のいるご家庭の主婦の苦労が偲ばれる。もうね、この暑さの中で家族のご飯作ってる人はそれだけで称賛させれても良いと思う。

大事なことなので最後にもう1度だけ書いてきたい。

今年の夏は暑過ぎる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました