読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

夏休みの準備と憂鬱な私。

気がつけは今年も折り返し地点に差し掛かろうとしている。

大阪も梅雨に入ったけれど今のところ梅雨らしい感じはあまりしない。雨が降る日もあるけれど「毎日、雨ばかりで嫌になっちゃう」と言うほどでもない。梅雨が明けたら夏休み。私は夏休みの準備に大忙しだ。

黄金週間が明けた頃から7月上旬までのこの時期。私は期間限定で懸賞マニアに変身する。

毎年、夏休みは大学だのテレビ局だの公共施設だのが「夏休みイベント」を開催するのだけれど、それらの申込は大抵6月末か7月上旬で締め切られてしまう。夏休みが近づいてきてから「夏休みは何しようかな~」と思ったところで遅いのだ。

イベントの申込に加えて映画の試写会だの、スーパー等が主催するイベントの申込だのも外せない。

毎年「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で色々出していて『ディズニー・オン・アイス』だの『赤毛のアン』のミュージカルだの、子ども向けのクラッシックコンサートだの、なんだかんだと当たっているのだ。

今年も何か1つくらい当たるといいな…と言うスタンスで応募ハガキにレシートを貼る毎日。

とりあえず、現時点で確定している夏休みの予定は体操教室の夏休み短期教室と、子どもだけで参加するキャンプのみ。これ意外にどれだけ予定が入ってくるかは運次第…と言ったところだ。

毎年の事ではあるけれど、夏休みに向けて準備をしていると自然と溜め息が漏れてくる。「毎日、お昼ご飯作るの面倒だなぁ…」とか「暑い中ウロウロするのしんどいなぁ」とか。娘の成長と共に、以前のように何もかも送迎したり付き添ったりする必要はないけれど、それでも決して楽ではないのだ。

せめて娘が小学生のあいだは全力で娘の夏休みをサポートしようと思っている。

毎年、同じ愚痴をこぼしているけれど、たぶん来年のこの時期も同じように愚痴をこぼしていると思う。そして鬱々としているのは今だけで、実際に夏休みがはじまったら、意外とどうと言うこともなく毎日が過ぎていくんだ…って事も分かっている。

それなのに。やっぱり憂鬱になってしまうオバサン心。家のことを何もかも放り出してパーツっとどこかへ遊びに行きたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました