Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

私の新しい相棒。

自転車がとうとう壊れてしまった。

愛用の自転車をいつ買ったのかは覚えていない。買った時は娘を乗せて走っていたので10年も経っていないはずなのに、あちこちガタガタで酷いありさま。

私の扱いが悪いのもあっただろうし、走行距離が長かったのもあると思う。また買い出しの時に「牛乳6本」とかまとめ買いしちゃうのも悪かったのかも知れない。

以前から後ろの荷台を支える棒(?)が片方折れているのは知っていた。

自転車屋さんからは「これは修理出来ないですね~。すぐに駄目になるとは言いませんが、1箇所駄目になっている事で別のところが駄目になってくるので早めに買い替えた方がいいかも知れませんね」と言われていた。

「そうか…じゃあ新しいのを買うしかないな」と覚悟はしていたのだけど、自分の事はどうしても後回しになってしまいがちで、なんとなく買わないままガタガタする自転車に乗り続けていた。

ある日のこと。買い物に行こうといつもの道を走っていたら自転車の後ろから異音がするのだ。スーパーの駐輪場で調べてみたら、荷台を支える棒で折れている箇所の反対側の棒まで折れていて、子ども乗せの台は泥除けに乗っかっているだけの状態だった。

速攻でお金を降ろして自転車を買いに行った。

夫の自転車を買ったのと同じ自転車屋にいくと「どんな自転車がいいですか?」と聞かれたので「今の自転車はガタガタするので、しっかりした自転車が良いです」と答えると自転車屋の店主は笑いを堪え切れなかったらしく、一瞬だけ「ふっ…」っと笑って「それなら、どの自転車を買われても大丈夫ですよ」と言った。

自転車屋が思わず笑ってしまうぐらい、私の自転車は酷いありさまだったのだ。

店主と相談した結果、即決でブリヂストンのママチャリを購入した。電動アシストは付いていないタイプでライトはLED自動点灯。ちょっとお高めだったけれど「丈夫で長持ち。少し高めだけれど長い目で見れば得かも知れません」との事。

早速、新しい自転車を乗っているのだけど「自転車ってこんなに素敵な乗り物だったんだ!」と感動した。

漕いでいても辛くないし、スーッとよく走る。ライトは自動点灯なので、娘の体操教室の送迎の時もライトの分、重くならないところが素晴らしい。

新しい自転車。出来るだけ長く乗りたいなぁ…と思っている。

娘の成長と共に生活スタイルが変わってきていて、以前のように頻繁に自転車で遠出しなくなった。さらに食料品の消費が早くて買い物の回数が増えたので1回の買い物で牛乳6本とか買わなくなったので、先代の自転車よりは長持ちするのではないかと思っている。

先代の自転車には本当にお世話になった。新しい自転車とは末永く付き合っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました