読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ああ春休み。

春休みに突入した。

毎回、娘が長期休みに突入する時は憂鬱の虫に取り憑かれるのだけれど、今回は憂鬱の虫に取り憑かれている暇さえ無かった。

忙しかったからと言う事もあったと思うのだけど、それ以上に「長期休みはこんなもの」という諦めと覚悟が出来たのかも知れない。

毎回、娘の長期休みでうんざりするのが昼ご飯。だけど最近の娘は毎日やたらお腹を空かせていて1日中「お腹空いたから何か食べよう」と言っている気がする。学校があろうがなかろうが、娘の食べることからは逃れられない。

前にもチラリと書いたかも知れないが我が一族はかつて鹿児島県の山奥でひっそりと暮らしてた河童の血が流れている。

その昔。人間の知らぬところで河童族はホビット族と抗争を繰り広げていた。

戦いは熾烈を極めたものの、河童族がどうにか勝利を納めた。ところがホビット族は河童族に呪いをかけた。それは「子々孫々背が伸びない呪い」だったのだ。ホビット族の呪いのおかげで、私は身長が143センチしかない。弟もナイナイの岡村隆史レベルで背が低い。

ホビット族の呪いをどうにか回避出来ないものかと研究した結果、タンパク質とカルシウムが呪い避けの効果があると判明。娘にはタンパク質とカルシウムを絶賛ドーピング中なのだ。

娘が程度成長期を過ぎるまで、食事には手を抜かないと心に誓った。

なので、春休みだろうが学校があろうが食べる事には手が抜けないのだ。さらに言うなら娘の体操教室だの、実母の病院だのとワーワーやっているうちに春休みなんてアッと言う間に過ぎ去っていくだろう。

春休みが終わったら何しようかな。

まだ春休みははじまったばかりだと言うのに、早くも春休みの終わりを楽しみにしている。娘の事は愛しているが、自分のペースで動けないのはやっぱりキツイ。

本読みたいとかお茶したいとか贅沢は言わないけれど、せめてコンスタントにパソコン内職をする時間を確保したいのだけどな。こればかりは自分自身で工夫してやりくりするしかない。

この春休みもつつがなく過ごせるように頑張りたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました