読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

『北斎ー富士を越えてー』特別鑑賞会に行ってきた。

NHKのHPから応募した『北斎ー富士を越えてー』の特別鑑賞会が当たったのでハルカス美術館へ行ってきた。

『北斎ー富士を越えてー』は開催時から大人気らしく平日の午前中でも大行列とのこと。行ってみたいと思いつつ「平日だったら1人でも行けるけど何時間も並ぶとか無理だな…」と思っていたら、特別鑑賞会が当たると言う幸運。

私は滅法クジ運が悪く、とくに物欲センサーが働いている時に何かが当たった試しがなかったので「行きたい(欲しい)」と思って懸賞に当たったのは、もしかしたら生まれてはじめてだったかも。

当日は生憎の雨。しかし朝から猛ダッシュで家事を片付け、ちょっとイキった格好でハルカス美術館へ。

特別鑑賞会だけあって特に並ばず入場出来たし、会場内も混雑していなかったのでゆっくり鑑賞する事が出来た。

私は絵を見るのは好きだけどどちらかと言うと洋画専門。日本画はイマイチ興味がなかったのだけど、昨年『春画展』に行ったのをキッカケに「日本画もいいかも…」と思うようになった。

葛飾北斎と言えば「永谷園のお茶漬け海苔買ったら付いてくるカード(富嶽三十六景)の人」と言う印象しかなかったのだけど、実際に作品を目の当たりにして「これは凄い。そりゃあ外国人も欲しがるわ…」と思った。

まず驚いたのは葛飾北斎の多作っぷり。とにかく作品数が半端ない。その上、色々となタッチの絵が描けることにも驚いた。

馴染み深い『富嶽三十六景』は葛飾北斎の描いた作品のほんの一部にしか過ぎず、ファンタジー調の作品だったり、西洋画風だったり、現代アートにも通じるデザイン制の高いものだったりと「これでもか!」と言うほど色々なタイプの作品を残している。

沢山の作品が展示されていたけれど、私は肉筆画の繊細さに心奪われた。

葛飾北斎は90歳で亡くなっているのだけれど「天があと5年の間、命保つことを私に許されたなら、必ずやまさに本物といえる画工になり得たであろう」と言って亡くなったと伝えられていて、絵に対する貪欲さは驚かされるばかり。

天才と呼れるだけの事はあるな…と感心した。

絵を見た後は中華粥のお店でお昼を食べて、家族へのお土産を買って帰宅した。

せっかく1人で都会に出たのだから、あれこれ見たいものもあったのだけど、腰痛のこともあるので自粛することに。それでも久しぶりに1人で出掛けられて満足した。

平日の日中は毎日1人で過ごしている訳だけど、地元のショッピングセンターに日用品を買いに自転車で出掛けるのと、少しお洒落して電車に乗って出掛けるのとでは全く違う。

そうそう遊び歩いている訳にはいかないけれど、また1人で出掛ける機会を作りたいな…思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました