読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

2017年の夏休みが半分過ぎた。

夏休み。気がつけば半分過ぎていた。

大量にあった娘の夏休みの宿題は生活点検表等の毎日やらなければならない物を除いて、どうにか終わらせる事が出来た。

キャンプまでに片付ける事が出来てホッとした。娘には「今年はガミガミ言ったけど、来年からは夏休みの宿題は自分で計画を立てて進めていきなさいね。来年は5年生なんだから干渉しないよ」と宣言した。宿題の管理は今年で手を引くつもりだけれど、どうなる事やら。

夏休みが始まってからと言うもの、はと麦茶と氷の残量、それに食事の献立の事で脳味噌が支配されていた。

来る日も来る日もお茶沸かして、氷作って、食事作って。合間に買い物と娘の送迎。生きるのに必死…って感じだ。

娘は…と言うと、バレーボールクラブの練習と習い事に追われていた。

午前中クラブの練習に行って、帰宅して公文行って、夕方にアクロバット…みたいな感じ。幼稚園から低学年までの夏休みは地域の祭りや花火に出掛けたものだけど、この夏は花火にも祭りにも行っていない。

いくら体力自慢の娘でも「アクロバットから帰ってきては花火は無理だわ~」とのこと。

子育ての先輩方から「レジャー系は行ける時に行っとかないと、行けなくなる日が来るからね」と言われてたいたけれど「こう言う事だったのか!」と実感している。

暑くてグダクダではあるものの、家族全員食欲が落ちないのは凄いな…と思う。

「食欲なくて麺類ばっかり食べてる」なんて事もなく、他の季節と全く変わりないスタンスで食事をしている。

私は夫と娘に較べるとバテ気味ではあるもの「食べないと死ぬ」みたいな強迫観念もあって、とにかくちゃんと食べている。

夏休み中色々としんどい事は多いのだけど、この夏1番辛いと感じるのは食料品の買い出し。

特に牛乳の消費量が半端ない。自転車で1度に運べる量は限られているので、どうしても買い物の回数が多くなってしまうのが辛いところ。

暑いので毎日買い物に行きたくないのだけれど、実家の買い物もあったりして、なんだかんだで毎日出歩いている。

パソコン内職のペースはすごぶる悪し。

作業時間が少ない…と言うところもあるけれど、それ以前に体力的なところが追いついていない感じ。ここは無理せず夏休みが終わるまで耐えるつもり。そしてドラクエはもちろん進んでいない。

実のところ本気でやれば出来なくもないとは思うのだけど、ある程度やるべき事を終えて「さあ。ちょっとのんびりするか」と言う時間が空いてもドラクエをプレイするだけの元気が残っていないのだ。寝転がって本を読むか、スマホで2ちゃんかTwitterを眺めるのがせいぜい…って感じ。

「早く夏休みが終わって欲しい」と言う気持ちで一杯だけど、実際はまだ折り返し地点。後半、娘はキャンプに行く予定なので体調を崩さないように気をつけたいところ。

そろそろ夏の疲れが出てきても不思議ではないので、私も無理しないようにしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました