Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

夏休みお昼ご飯記録計画。

「この夏休みは毎日お昼ご飯を写真に撮ってTwitterにアップしていこう」と思い立った。主婦にとって夏休み中の子どものお昼ご飯と言うのは辛いものだ。作るのも嫌だし、献立を考えるのも嫌だし。自分1人だったらおにぎり1個とか、カップ麺だけ…とかでも平気なのだけど、育ち盛りの子どもにそんな物は食べさせられない。

毎年なんだかんだ頭を悩ませて作るのに食べている方は特に意識していないだろうし、実のところ私自身過ぎてしまえばどうでも良くなってしまうらしく「そう言えば昨年の夏休みって、お昼にどんな物食べてたっけ?」と毎年思う。なので今年はキチンと記録してみようかと。

10年以上も昔の事だけど『食べたものを淡々と記録するよ』と言うブログを追っていた事がある。題名の通り、淡々と食べたものが写真付きで記録されていてなんとなく毎日眺めていた。いつしかチェックしなくなり「そう言えば、あのブログは今も更新しているのかな?」と確認したとろこ、いつの間にか無くなっていた。あのブログのように何年もお昼ご飯をアップし続けるのは無理でも、夏休みの僅かな期間なら私にも出来るかと。

こんな感じでお昼ご飯を記録していった。

「写真撮ってTwitterに呟くだけなら余裕だね」とか思っていたのに、実際やってみると写真を撮るのが面倒臭い。もっと言うなら、ご飯は作ったすぐ食べたい。行事食とか気合の入っている時は「記念に…」と撮影することもあるけれど、毎日のなんて事のないお昼ご飯をわざわざ写真に撮るなんて。それでも三日坊主を乗り越えて10日ほど続けてみた。そして11日目。その日は実家の家族と回転寿司に行ったのだけど、母の相手をしたり、娘の相手をしたりしていたら、うっかり写真を撮り忘れてしまった。そして「これを機に面倒臭いことは止めよう」と言う結論に至った。

毎日、食べた物の写真を撮るなんて私には無理だった。

最近はTwitterだけでなく、Instagramなんかにも写真を載っけている人が多い。特に「食べ物・景色・動物」は人気でよく目にする。そう言うのを見るのは結構好きなので「私にも出来るだろう」と思っていたのに、なんかもう…色々と無理だった。昔、追っていた『食べたものを淡々と記録するよ』のブログ主の偉大さを改めて思い知らされた。あれは出来そうでいて意外と難しい。私など昼ご飯限定なのにいきなり挫折してしまっている。

そんな訳で私の「夏休みお昼ご飯記録計画」は開始10日目にして終了した。

私の場合「気が向いた時に撮影する」くらいが丁度良いのかも知れない。このサイトとエクセルにつけている生活記録は毎日続いているのに写真となると「面倒臭い」と思ってしまうのが不思議な気がするけれど、性分なんだろうなぁ…と言う事で納得することにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました